private equity

プライベート・エクイティ

プライベート・エクイティ・ファンドは、お互いの間でもやヘッジファンドなどの新規参入者との間でも競争に直面しており、投資家に大きなリターンを生み出す適切な案件を見つけることはこれまで以上に難しくなっています。

    プライベートエクイティ:圧迫される利益

    ADLはこの3年間、最大級のグローバルバイアウトファンドから中規模の投資会社まで、100社を超える世界中のプライベート・エクイティおよびベンチャー・キャピタルにサービスを提供してきました。

    プライベート・エクイティやベンチャー・キャピタル、ヘッジファンドは、手頃な価格の株式や債券の発行により記録的な額の資金を調達し、巨大な資本プールが世界中の数少ない案件機会を追い求めています。買収価格の相場が上昇する中、昔ながらの金融工学(レバレッジ)戦略によって「安価な」取引を見つけ、大きなリターンをあげることはどんどん難しくなっており、投資を成功させるためには、ポートフォリオ企業の業務改善に重点を置かなければなりません。ADLはこの分野に精通しています。

     

    ADLが提供するサービス

    ADLは投資プロセスの全ての重要な分野において、クライアントのプライベート・エクイティにサービスを提供いたします。ADLのサービスは、ファンドマネージャーと個々のポートフォリオ企業双方のニーズに焦点を合わせています:

    相対取引

    従来のオークションによる取引の場合、買収価格は適正な値を超えやすくなります。ADLは、包括的な業界スクリーニングにより相対取引を実現することができ、クライアントの成功に貢献しています。

    まずは特定のセグメントに属する1,000社を超えるプール企業のそれぞれについて、クライアントの選定基準を適用して初期的調査を行い、絞り込みを実施します。

    最終的に、投資のオファーを考えうる魅力的なターゲット企業のショートリスト、およびターゲット企業のビジネス環境の主要なトレンドやダイナミクスを詳しく説明した業界案内資料を提供いたします。

    デューデリジェンス

    今日、どのターゲット企業の事業も多数の複雑に絡み合った要因に影響を受けており、厳密なデューデリジェンスが今までになく重要になっています。

    ADLのデューデリジェンスプロジェクトは、投資に際する次の4つの論点に答えます:

    • ターゲット企業の産業・市場はどの程度魅力的か。
    • ターゲット企業はその市場で良いポジションをとれているか。
    • どのような企業価値向上機会があるか。(EBITDAの改善の観点から定量化)
    • 今後3~5年の間にどのような出口戦略が考えられるか。

    ポートフォリオ企業のバリューアップ

    クライアントからよく言われるように、ADLはクライアントの投資案件に関し、時には契約締結が済む前に、実行可能な「ビジネスプラン」を提供できるという点で特に優れています。

    今日では、自社のポートフォリオ企業のマネジメントを積極的に行うことが大きなリターンを得る唯一の方法です。業績が低迷しているポートフォリオ企業を既に保有しているにせよ、新たな企業を買収したばかりにせよ、業務改善を行うのに遅すぎることはありません。

    ADLは、ポートフォリオ企業の全てのレベルの管理職と常に寄り添い、ハンズオンで、実際的な、かつEBITDAに焦点を置いた業務改善を実現いたします。ADLの代表的なプロジェクトは次の通りです:

    • 戦略策定および売上向上: 現在および将来の市場評価、提供する製品・サービスの決定、顧客対応の改善において企業を手助けいたします
    • 業務改善プロジェクト: LEAN生産方式、シックスシグマ、BPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)、サプライチェーン・マネジメントなど
    • 組織デザインの検討: 組織構造を企業の戦略に沿ったものとし、客観的な業績指標を世界で通用するレベルまで改善する手助けをいたします

    バリュエーション(企業価値評価)

    ADLのバリュエーションサービスは、M&A交渉や財務諸表の作成(例: のれん減損テストの実施)、訴訟など、様々な場面において戦略的意思決定を助けるために活用されています。

    ADLは、対象となる事業の経済状況への深い理解に基づき、マルチプル法(類似会社比較法)やDCF法、その他の手法の中から、その時々で最も適した手法を用いてバリュエーションを実施します。

    トランザクション後のサポート:PMI

    トランザクション後の、企業価値を維持・向上するための業務は極めて複雑であり、経営陣や投資家、そして何よりも、統合と変革を実際に担わなければならない社員たちにフラストレーションを抱かせる可能性があります。

    長期的な成功を達成するためには、トランザクション後のプロセス全体を通して強いリーダーシップを発揮し、ひとつひとつの問題に慎重に、しかし淡々と取り組んでいくことが不可欠です。

    ADLは、長きにわたり企業のM&Aや提携をサポートし成功に導いてきた経験を持ち、それぞれの業界や企業の優先課題を解決するべく、クライアントのPMI業務のマネジメントをご支援することが可能です。 

    トランザクション後のサポート:運転資本の削減

    運転資本の削減により、企業の保有者に対するリターンの実現や、成長のための資金の獲得が可能になり得ます。

    ADLは、様々な企業、特に多くの地域にわたり複数の事業部門を持つ企業を、キャッシュの節約機会の特定、そして運転資本削減計画の実行においてご支援してきた経験を持ちます。