risk

リスクマネジメント

は、30年以上にわたり、リスク管理のパイオニアであり続けています。現在、ADLは当分野において、他の大手戦略コンサルティングファームよりも深い洞察と幅広い能力を有しています。ADLは、当社のビジネスや商業に関する知見を次の分野の専門家の技術や知識と組み合せ、企業に独自の社内チームを提供することができます:セーフティクリティカル・システム、運輸リスク、セーフティ・カルチャー、プロセスの安全性などの分野です。ADLは幅広い産業や公共セクターの組織で業務を行っています。 

は、1世紀以上にわたり、安全・リスク管理分野のパイオニアであり続けています―それは、数々の画期的な業務によく表れています。現在、ADLは当分野において、他の大手戦略コンサルティングファームよりも深い洞察と実証された幅広い能力を有しています。

の鍵となる差別化要因は、業務上・技術上の細かなリスクと、役員会や理事会でなされるビジネス上の戦略決定とのギャップを埋めることができる点です。ADLは、当社のビジネスや商業に関する知見を次の分野の専門家の技術や知識と組み合せ、企業に独自の社内チームを提供することができます:セーフティクリティカル・システム、運輸リスク、セーフティ・カルチャー、プロセスの安全性などの分野です

は、広範な業界や公共セクターの組織において、次の6タイプのサービスを提供いたします:

安全性推進プログラム

はクライアントとともに、安全性能の改善のためにグループレベルのプログラムを開発・実施し、その中で企業全体のパフォーマンスを強化して、確かな実績を挙げてきました。

は、この「安全性推進プログラム」を企業が直面する特定の課題に合わせて調整し、リーダーの安全性認識および能力、プログラム管理、規格開発、企業ダッシュボードなどの主要要素をまとめることで、安全性リーダーシップ、安全性管理およびパフォーマンスにおけるカルチャーの変革を推進いたします。

は通常、最も重要な構成要素である「リーダシップの関与」が能力開発プログラムを通して確保される様、企業の最高責任者や安全グループの担当役員と共にプログラムの中に新しい要素や既存の要素をまとめます。

次に、目標に照らして進捗を厳密にチェックできるようにするフレームワークを構築します。の顧客基盤は、世界に広がっています。これはつまり、世界中の、そして多様なセクターの、幅広く優れた(またはあまり良くない)事例から学ぶことができ、クライアントに新しい洞察を提供できるということです。

のプログラムは確かな結果を出します。なぜなら、当社は単に安全チームの追加要員として働くのではなく、グループの管理ラインの体制全体が有する説明責任を強化するために働くからです。 

例としては、大幅な財政節減とともに、3年間にグループ全体で安全性関連の50%を超える予算が削減されたことが挙げられます。

    リスク評価とモデリング

    は、高危険度産業がそのリスクの本質を理解し、行動の必要性を役員会に伝えるための支援をいたします。

    は、全てのリスクについて全定量的リスク評価および半定量的リスク評価のアプローチを取り、その結果、クライアントに確実で正当な対処法を提供することで、アクションを促します。

    の長年の経験には、「危険および実施可能性評価(Hazard and Operability Assessment:HAZOP)」、「安全度水準(Safety Integrity Leve:SIL)評価」、「故障の木解析(Fault Tree Analysis: FTA)」などの実績のある技法が数多く含まれています。

    は、こうした評価技法から得られた結果を、役員に対する情報伝達フォーマットで提供し、戦略的意思決定をサポートすることを得意としています。

    これは、従来このような高度な技法にはつきものだった詳細過ぎる結果報告とは一線を画すものです。ADLはクライアントに次のようなサービスを提供いたします:

    • 危険事象の予測リスクのモデリング
    • 「鉄道一般安全方策(Rail Common Safety Methods)」など、規制枠組みに対する事業者の対応を支援するための定量的リスク評価
    • 組織戦略の構築を支援するための、企業リスクの分析と診断
    • 確立された法的枠組みやベストプラクティス・フレームワーク(ALARPの原則、「一般的安全方策(Common Safety Methods)」など)の参照を含む、意思決定支援

    安全性、リスクおよび保証に関するオーダーメイド研修

    は20年以上にわたり、世界中の高危険性産業向けに、安全性、リスクおよび保証に関するオーダーメイド研修を提供しています。

    には、十分に試行を重ねた教材をおさめている、充実したライブラリがあります。教材は多言語に対応しており、プロセス安全管理、安全監査、リスク評価、そして事故調査の分野を扱っています。また、当社には、リスク管理のニーズを戦略的・事業ニーズに結びつけるという意義のある経験があります。

    の研修は、規制およびその他の急速に変化する事業ニーズの双方から求められる管理能力要件に、組織が対処できるよう支援いたします。 

    は、研修を提供する分野の業界における経験の幅広さにおいて、他の研修提供会社とは一線を画しています。

    リードトレーナーは、通常、当社が携わる産業セクターで15年を超える就業経験があり、広範なサービスを提供することにより、クライアントが安全で、信頼でき、収益率の高い事業運営を行う手助けをいたします。

    が、安全性、リスクおよび保証に関する研修を成功裏に提供してきたという確かな国際的実績は、このような経験や業界知識によって支えられています。

      実際的かつ効果的なリスク・安全管理

      実際的かつ効果的な方法でリスクや安全性を管理することは、重要な課題になり得ます。組織によっては、高度であっても実際にはほとんどうまくいかないアプローチをとっています。また、基本的なアプローチが、企業の発展初期にはうまく機能していても、リスクプロファイルが横ばいになるにつれ企業価値が減少することもあります。

      当社のカスタマイズされた独自の手段は、機能的リスクに関する専門知識とともに、効果的な結果を生むために必要なカルチャー洞察の両方を活用しています。不確実性がどのようなレベルであろうと、ADLは実際的かつ効果的なリスク・安全管理から得られる利益を最大化することができます。

      は次のような専門知識を有しています:

      • リーダーシップ、ガバナンスアレンジメント、グローバル企業基準の適切性などを含む、リスク管理システムに関する全社規模のレビュー。ステークホルダーであるクライアントに寄り添って業務を行い、最適なリスク管理計画を立て、リスク管理費用を削減。
      • パフォーマンス改善のための包括的診断ツールを用い、現状のリスク管理の取り決めの効率性を評価。
      • 双方の取り決めやパフォーマンスについてセクター横断および国際間でのベンチマークを行い、投資の保証や規制機関の信用強化を支援。
      • 当社独自の「Unwritten Rules of the Game™(ゲームの不文律)」などにより、セーフティ・カルチャーの評価や開発。カルチャーはきわめて重要です―安全性、品質、財務などの別個の文化ではなく、組織全体として安全性を支援するカルチャーか、そうでないカルチャーを持っているかということです。ADLには、パフォーマンス強化に対する文化的障壁やイネーブラーの診断・報告のための、実績のある確かなアプローチがあります。当社のツールは、単なる状況調査だけよりもはるかに効果的であり、欠陥の根本原因を突き止めます。その後、この欠陥について、改善に向けて組織的に取り組むことができます。
      • プロジェクトリスク管理:プロジェクトのリスクを管理・低減するための明確な戦略を立案します。また、プロジェクトのフィージビリティ・スタディーの間に、漠然とした社会的リスクを評価し、規制機関やステークホルダーとの信頼関係を築きます。
      • 安全性推進プログラム:安全性リーダーシップにおけるカルチャーの変革実現を支援、また安全性管理において改善を優先的に行うことによりパフォーマンスを改善。

      経営層の能力強化

      は、経営層と共に、安全性リーダーシップや戦略的管理において経営層の能力構築を行います。能力構築は、講師主導の研修、業界のケーススタディ、そして背景の読解を組み合わせて行います。

      例えば、英国の鉄道業界向けに約20年間提供している、「戦略的安全性管理プログラム」が挙げられます。南アメリカ国営石油企業(South American National Oil Company)には、安全保証分野の100名の上級職員に研修を行いました。アジアに拠点を置くグローバル運輸事業者には、3年間にわたり、1,500名の上級管理者に安全性ガバナンス/リーダーシップ研修を実施しました。

      のプログラムは、国際経験が豊富なシニアコンサルティングスタッフが提供いたします。

      全プログラムの中核をなすのは、主要事業課題の1つとして安全性の重要性をデモンストレーションすることと、役員が用いる従来の戦略的アプローチは、安全・リスク・保証の課題解決に適用できるという理解を深めることです。多くのクライアントから、成功した能力開発についてデモンストレーションの依頼を受けます。そのため当社では、これを行うためのさまざまな評価方法を有しています。

      セーフティクリティカル・システムの保証

      は20年以上にわたり、セーフティクリティカル・システムの保証を支援し、現在同様の業務で使用されている技法や方法論の原型の多くを開発してきました。当社の実際的なアプローチで必ず検討するソリューションは、業界内で通常見られるソリューションとは異なるかもしれません。

      当社が開発してきた専門知識は、とりわけクライアントから評価されていますが、当社が幅広いセクターの経験をもたらすことができるという事実も評価されています。

      は次のような専門知識を有しています:

      • 特に運輸分野における、コンピューターベースの制御システムによる独立安全性評価。
      • 任意の技術の取得や展開にともなう、技術面・安全面・商業面でのリスク特定を支援するための、プロジェクトリスク評価。入札前から開発、展開、処分に至るまで、プロジェクトのライフサイクル全体を通してこのような評価を行います。
      • プロジェクト全体の費用の削減を支援するための、技術移行戦略。サービス途絶のリスクを最小化し、安全性が維持されるよう保証します。