consumer goods retail

食品・飲料・他消費財

製造業における進化はプレイヤーにとっての大きな変曲点となり得ます。ADLのIGSプラクティスチームは、クライアントと共に新たなソリューションを開拓、実行し、エコシステムの中での新しいコラボレーションの形を提案することで、変わりゆく顧客ニーズ、およびIndustry 4.0の課題に応えることをサポートします。

消費者ニーズが絶えず進化し続けることにより、市場は細分化が進み消費者の要求が厳しくなり、小売業者やブランドオーナーは多くの課題への対応を迫られている

モビリティ、グローバリゼーション、インディビジュアライゼーション、コネクティビティは私たちの社会の新たなドライバーになり得ます。IGS業界の企業にとって、これは競争の激化、多様かつ不安定な需要、そして技術革新の更なる変化に備えねばならないことを意味します。通信業界や消費財業界のデジタル技術は、専門化された高品質の産業にも急速に浸透しつつあり、こうした業界は技術の融合を迫られています。テクノロジーマネジメントとそれによる差別化、顧客価値創造、柔軟性、効率化が経営上の重要なアジェンダとなっています。

顧客のエンドツーエンドソリューションのニーズに対応するため、IGS業界のクライアントは、単純な製品革新から競合他社、新興企業、学界を含む業界のエコシステムの他のプレイヤーと協業した複雑な製品/サービスの共同開発に移行する必要があります。このように、今後IGS企業の中核となるのは、他企業との協業とM&Aです。

オペレーティングモデルは、以前よりも高頻度で変化しており、対応には適応力に優れた組織構造が必要です。デジタル化された企業プロセスとバリューチェーン、そしてアジャイルなIT構造は、競争力のあるコストポジションを達成するために不可欠です。

新興市場には非常に大きな事業機会がありますが、多くの場合収益性が低いことが悩みの種です。ここでは、市場の価格競争に追いつけない低コスト化を進めるよりも、確実なROIを実現するカスタマイズされたソリューションが求められます。