healthcare life sciences

ヘルスケア・ライフサイエンス

ヘルスケア産業では資源の制約がますます厳しくなってきています。新世代の商品や技術的進歩は企業が自社の事業にとって正しい投資機会、つまり社会的ニーズと株主のニーズの両方を満たす投資機会を探し出すことを困難にしています。

変化するエコシステムの課題に対応する

ヘルスケアおよびライフサイエンスのエコシステムが活動している環境の社会的、人口学的、および経済的状況は激変しています。

ヘルスケア市場は、患者主導かつ健康面での成果を重視する方向へ変化しており、ヘルスケアの社会的意思決定者やライフサイエンス産業の参加者は、このような状況に対処するため、新しい方法を模索しなくてはなりません。

将来的には、これらの課題はこれまで以上に顕著になると考えられますが、同時に多くの機会を生み、ヘルスケアをより良い方向に変えていくことでしょう。こうした変化を予期しそれに適応していけるエコシステム参加者は何年か後により大きな競争力を持つことになります。

ヘルスケアおよびライフサイエンスのエコシステムは、それを構成する事業や組織の日常業務が政治的影響力を持つことで有名です。コンプライアンスやリスクと天秤にかけられている革新的な科学であろうと、人生を変え得るけれども採算のとれない新しい治療法の値付けであろうと、便益、コスト、リスクおよびイノベーションのバランスをうまく取る必要があります。

要するに、市場はイノベーションによる利益を得続けていますが、その一方でそのイノベーションがもたらす代償を警戒し始めているのです。市場および調査の議論においてリスクや便益はより一般的な議題になってきており、医薬品、機器および診断の間の境界線がますます曖昧になってきています。