chemicals

化学・素材

化学産業はこれまでにない大きな変化の渦中にあります。投資や技術革新は成長を続けるアジアや中東地域へとシフトしており、北米では新たなフィードストックが台頭しています。また、その他の地域においても、新たな投資機会が出現しています。社会や経済の変化は、製品の変化やイノベーションを通じて化学品市場に変化をもたらし、新たな事業を生み出しています。

化学産業が提供するソリューション ― ファンダメンタルズの変化への対応には想像力が求められる

化学産業はこれまでにない大きな変化の渦中にあります。投資や技術革新は成長を続けるアジアや中東地域へとシフトしており、北米では新たなフィードストックが台頭しています。また、その他の地域においても、新たな投資機会が出現しています。社会や経済の変化は、製品の変化やイノベーションを通じて化学品市場に変化をもたらし、新たな事業を生み出しています。ADLは、新たな技術を取り込み、バリューチェーン全体を俯瞰した思考が求められる、「ケミカル・ルネッサンス」と呼ぶべき状況にあると考えています。

サステナビリティや環境規制、再生可能エネルギーの利用など、従来のビジネスモデルや戦略的な判断に新たな変化を促す要因が台頭しています。このような変化により、化学産業が再定義されるとともに、変化を続ける市場環境の中で数多くの機会を探索するチャンスがもたらされていると捉えることができます。

化学市場(機能化学品、ファインケミカル、石油化学、樹脂・繊維、消費財、農業化学、コーティング、無機化学品薬品など)において、大きな利益が得られるのは、製品・サービス、ビジネスモデル、R&D、オペレーションや原料の多様化におけるイノベーションにより、顧客に対して優れたソリューションを持続的に提供することができる企業に限られるでしょう。直面する課題の解決は容易ではありませんが、それを乗り越えた先には非常に大きな利益がもたらされます。

今や世界中で多くの化学会社が、将来に向けて自らを再定義し、新たなバリュー・プロポジションを確立しようと精力的に取り組んでいます。