aerospace defense

航空・防衛

航空宇宙・防衛産業は全体として非常に魅力的な市場から継続して利益を得ています。しかし、本市場の参加者たちは、短期的には競争力の課題と、長期的には戦略的ポジショニングの問題に並行して取り組まなくてはなりません。

利益を成長させつつも真に機動的な企業になるためには。

航空宇宙・防衛産業は全体として非常に魅力的な市場から継続して利益を得ています。しかし同時に、この産業は繁栄を確実に継続させる上でいくつもの重要な課題に直面しています。

民間航空機に対する需要は増加しているため、バリューチェーンにおける全てのOEMおよびサプライヤーには、生産強化サイクルを管理し現在のコスト状況を改善しながらも、高水準の品質を維持し続ける高い能力が求められます。

その上、堅固で機動的なグローバルサプライチェーンを維持し、長期的需要に応える革新的なソリューションを提供するために必要な新技術を取り入れ、組織全体において人材を育成していかなければなりません。

防衛航空機セクターや回転翼機セクターにおいては古くからのクライアントの予算が縮小し、宇宙セクターにおいては新規参入者と予算制約の厳しい顧客の双方から受けるプレッシャーが高まるなど、航空宇宙・防衛産業の各セクターはそれぞれ厳しい状況にあり、経営モデルやビジネスモデルを見直す必要があります。

こうしたセクターは、構造改革やイノベーション、徹底した変革を通して競争力を高める必要があります。それにより、それぞれの中核となる事業および地域の内外において新しい成長の機会を見極め、そして掴むことが可能となります。

そのため、航空宇宙・防衛市場参加者にとり、短期的な競争力の課題と長期的な戦略的ポジショニングの明確化に並行して取り組むことが最も重要になるのです。