risk

リスクマネジメント

リスク管理を企業の全体的な戦略目標に組み込むことで、企業は潜在的な損失を回避し、新たな成長機会を活かす決定を下せるようになります。そうすることではじめて、リスク管理は多大な競争優位性をもたらすのです。ADLはセクター横断の幅広い経験を通じて、6つの主要なリスク管理のトレンドを見いだしました。

多様性のある大企業における効果的な安全管理の実施

ごく少数の大企業が他社を次々と合併し、自社の傘下に組み入れる動きが加速している現在。これらの大企業は今、傘下の事業部門全体に適切な安全管理を実施するという新たな課題に直面しています。加えて、利用可能な安全管理手法が多岐にわたることも、問題に拍車をかけています。

「正解」はひとつではありません。むしろ企業は幅広いスタイルを選択できます。その中の一部に、あるいは自社により適したスタイルがあるかもしれません。とはいえ、事業部門に課す要求レベルと本社による適切な介入とのバランスを慎重に保つことが、効果的アプローチに共通する特徴と言えそうです。これは、どちらも低く保って本社による安全措置を最低限にとどめる場合も、あるいは、どちらも高く保って包括的な支援インフラを投入する場合も変わりはありません。

また別の課題として、事業の多様性が増しており、親会社が必ずしも支配権を有していない事業部門で安全性能が低いことから生じる風評被害も重大なリスクです。

企業として適切な安全管理のアプローチを選択することは、取締役員や執行役員らリーダー陣にとって極めて重要な決定となります。企業としての管理措置を効果的なものにし、安全性への真のコミットメントを優れた性能や性能改善の原動力とするためには、個々のリーダーシップという要素が不可欠なのです。

    • 大企業は今、傘下の事業部門全体に適切な安全管理を実施するという新たな課題に直面しています。安全管理のスタイルや選択の取り決めが多岐にわたっており、「正解」がないことも、問題に拍車をかけています。
    • 効率性を求める容赦ない圧力がいよいよ高まる中、企業はサプライヤーや請負業者へのアウトソーシングを増やしており、これによりサプライチェーン全体を通した安全管理はかつてなく困難になっています。数ある課題のひとつに、サプライチェーンの安全管理において、従来の契約的アプローチよりも、カルチャーに基づくアプローチが採用されていることがあります。
    • 企業にとり、安全性推進プログラムのパフォーマンスを改善する担当者の中でモチベーションや関与を初期と同レベルで維持し続けることは次第に難しくなっています。こうした安全性能の停滞を避けるためには、別のアプローチが必要になります。
    • ほとんどの企業ではリスク管理上の注意は現場の活動に限られ、現場以外の事象については記録も報告もされません。流通業務を外注している場合は、なおさら顕著です。しかし、先駆的な企業はさらに一歩先を行き、流通ネットワーク全体でより広範なリスク管理を行わなければなりません。
    • 企業は変わりゆく事業ニーズに対応するため、これまでより短期間でますます複雑な技術を導入しています。そのため、こうした技術に対する効果的な安全保証のニーズは引き続き高まっています。独立した安全性評価は、プロジェクトの成功において、ますます重要な役割を担っています。ここを正しく行えば、安全性の実現が大きく後押しされます。逆に、ここで誤れば、無用なコストや遅延が生じかねません。
    • プロセス安全管理(PSM)のパフォーマンス上の重大な弱点が、経営陣の目にすぐには入らないことがあります。主要なPSM脆弱性の深刻度を見逃してしまうと、施設のリスク・プロファイル低減に寄与しない不適切な安全性投資が行われてしまい、結果的に最終利益に悪影響が生じることになります。

    サプライチェーン全体の安全管理強化には、カルチャーに基づくアプローチの採用が必須

    - 効率性を求める容赦ない圧力がいよいよ高まる中、企業はサプライヤーや請負業者へのアウトソーシングを増やしており、これによりサプライチェーン全体を通した安全管理はかつてなく困難になっています。一般的に、企業は契約条項に基づく従来的な手法で管理を試みます。しかし、企業の安全保証に対するステークホルダーの期待が高まり、法的責任を負う可能性も増大する中、こうした「鎖の弱い部分」は往々にして試されることになります。

    サプライチェーン全体に対する安全保証能力が、大型契約を受注する業者の決定に次第に大きな影響を与えるようになっています。請負業者によるたった一度の大きな事故が、人的、経済的、法的ないかなる損失にも増して、企業のブランドを失墜させかねないからです。

    契約的アプローチからの脱却は、多くの場合、最初の大きな課題となります。サプライチェーンの安全管理を「契約主導型」から「カルチャー主導型」へと進展させることを目指す企業は、定評あるサプライヤーや請負業者と長期的な関係性を構築していくとよいでしょう。

    2つ目の課題は、サプライチェーンの安全管理に向けた正式な体制の整備です。このためには、適切な評価尺度に基づき継続的なパフォーマンス業績評価を効果的に行うことが成功の重要なポイントとなります。

    最後に、カルチャーへの意識が共有された強固な業務関係を形成するには、クライアントと請負業者の相互の信頼が欠かせません。なぜなら、信頼関係があれば、クライアントは現行業務の安全性を確保するために業者に無用なハードルを科す必要がなくなるからです。

    安全性能の停滞を回避

    エグゼクティブ主導の安全性推進プログラムは、導入当初は大幅なパフォーマンス改善をもたらす可能性があります。関与度も高く、事故率は急激に低下し、明確で実証可能な効果が組織全体に現れます。しかし、効果の出やすい部分が減少するにつれ、改善担当者のモチベーションや関与を初期と同レベルで維持し続けることは次第に難しくなります。こうした安全性能の停滞を避けるためには、別のアプローチが必要になる場合があります。

    初期のギャップ解消に役立った監査や事象調査、安全性ブリーフィングといった活動も、情熱が失せていくにつれて単なる形式的なものとなり、部下任せになってしまうこともしばしばです。

    持続的なパフォーマンスの改善には、中間管理職や監督者といった層の効果的な関与が欠かせません。この「動かない中間管理職」は、往々にして最大の障壁となります。

    多くの企業は、パフォーマンスを数値化して改善度を示すために、大量のデータを収集しています。しかし、そのデータから判明した情報や、さらなるパフォーマンス改善に向けたアクションについては、あまり重点が置かれないこともしばしばです。

    は長年の経験から、障害を乗り越えてさらなる前進を目指すうえで役立つ5つの優先事項を次のとおり示します:

    • 概略的なKPIの先にある、根本原因や詳細なトレンド分析に目を向ける
    • 安全性プログラムを再活性化し、従業員の関与度を再び高める
    • リーダー陣のコミットメントを、より個別の課題に向け直す
    • 中間管理職の関与と成長を促す
    • 障壁と機会について独立したレビューを行う
       

    先駆的企業は流通拠点も含めた広範なリスク・プロファイルを想定

    ここ数十年でリスク管理への注目が高まったことで、公共交通事業者が乗客や職員、そして一般の人々に損害を与える事例は次第に少なくなりました。

    とはいえ、ほとんどの企業は今もまだ現場の活動にのみ着目しており、流通リスクの管理については法的コンプライアンスに関する事項に限られています。実際、そうした企業のほとんどは、現場以外の事象について記録・報告しておらず、したがって、こうした事象は役員陣にも伝わっていません。

    特にそれが外注先での事象の場合、注目度はさらに低くなります。一方で、持続可能性(炭素、水、コミュニティーなど)の問題は、企業の活動にさらに大きく左右されるようになりました。

    いまや状況は一変しつつあります。先駆的な企業はさらに一歩先を行き、自社の流通全体のリスク管理に着手しています:

    • そうした企業は、より広範な企業責任と向き合っています。小国のGDPと同程度の収益を得ているこれらの企業は、投資家やその他の人々から常に厳しい目を向けられており、すでに持続可能性に向けた取組みを打ち出しています。こうした企業にとって、評判は決定的に重要です。新たな慣行で他社に後れをとるよりは、自らが主導する姿勢を示したほうが得策なのです。
    • 安全性は下請けに出せない」という認識が広まりつつあります。
    • 車両管理の支援技術はもはや主流です。テレマティクスや車内カメラ・システムは「取るべきあらゆる合理的な措置」の一部となり、同時に、非常に魅力的なROIを提供してくれます。

    は公共交通機関に関する幅広い経験をもとに、広範な拠点を有する事業者の、現場以外での損害を低減するための安全運転プログラムの策定をサポートいたします。取締役レベルのガバナンスからドライバーの日々の管理まで、幅広いプログラム策定が可能です。

      鉄道セクターにおける独立した安全性評価(ISA)の実際的価値

      鉄道機関は事業ニーズに対応するため、より複雑な技術をさらに短期間で導入しています。そのため、こうした技術に対する効果的な安全保証のニーズは引き続き高まっています。独立した安全性評価は、プロジェクトの成功において、ますます重要な役割を担っています。ここを正しく行えば、安全性の実現が大きく後押しされます。逆に、ここで誤れば、無用なコストや遅延が生じかねません。

      技術開発に伴う安全保証では、次の3つの主な分野で偏りのない判断を下せる査定者が求められます:

      • 妥協のない実際的な評価:評価は実際的で、エビデンスに基づくアプローチによるものとし、安全上の実質的問題に目を向け、安全なプロジェクト遂行において管理面での信頼性を高めるものでなければなりません。
      • 協調的な評価:評価者と開発者との関係は往々にして敵対的になってしまいがちで、これが大型プロジェクトの遅延にもつながります。独立した評価者とクライアントとが緊密に連携できる関係性が欠かせません。
      • 先を見越した評価:評価者と開発者がうまくかみ合わないままプロジェクトが長期にわたれば、それだけ重大な問題が後期の段階で判明するリスクも高くなります。多くの評価者は開発が後期段階に入るまで実質的な情報を提供してくれませんが、この段階では問題の修正も難しく、コストも余計にかかることになります。

      ADLのISA専門知識は20年以上に及ぶ経験を通し育んだもので、そのの広さと奥深さにおいて他社にはない貴重で独自なものです。だからこそ当社のクライアントは、自社が納入・配備したシステムが意図した機能を安全に発揮でき、適切な安全性基準に準拠し、規制要件を満たしていることを確信できるのです。

        自社プラントは、自社が考えるほど安全か?

        ADLは戦略的安全性レビューと独立したプロセス安全管理(PSM)システム監査から、PSMパフォーマンス上の重大な脆弱性を見極めています。しかし、こうした脆弱性は経営陣の目にすぐには入らないことも多々あります。主要なPSM脆弱性の深刻さを見逃してしまうと、不適切な安全性投資が行われる可能性があります。こうした投資は施設のリスク・プロファイル低減につながらず、結果的に最終利益に悪影響を与えることになります。

        短期的な最終利益を最大化せよという株主からの圧力はますます強くなっています。これにより既存資産の営業利益率へのプレッシャーが高まり、企業は営業費、維持費、資本再調達費の削減を迫られています。絶えずコスト削減を求めるあまり、一部では、施設管理者がプロセス安全性リスクを把握しないまま、「必須でない」と思われるプロセス安全性投資を後回しにするケースも見られます。

        一部の事業者はエンジニアリング措置に重点的に投資しています。しかし、主要なプロセス安全性リスクの把握、効果的な統制プロセスの導入、プロセス安全性能の先を見越したモニタリングといった点で大きく進展できた企業はごくわずかです。

        当社の考えでは、事業者のニーズを満たすPSMシステムを実現するには、次の5つの主要課題に取り組む必要があります。

        • すべての営業資産について、最新の包括的なプロセス・ハザード図を作成
        • 主要なリスク軽減措置を現場で確実に実行し、その効果を定期的に試験
        • 管理チームのHSE能力を高め、安全なオペレーションに対するライン管理者の責任を改めて明確化
        • 職務およびプロセス安全性能に関するデータを取締役レベルでレビューし、悪いニュースや安全面の懸念についても上層部に報告する様に推奨
        • 企業の事業上の決定が資産のプロセス安全性に及ぼす影響を理解

        多様性のある大企業における効果的な安全管理の実施

        ごく少数の大企業が他社を次々と合併し、自社の傘下に組み入れる動きが加速している現在。これらの大企業は今、傘下の事業部門全体に適切な安全管理を実施するという新たな課題に直面しています。加えて、利用可能な安全管理手法が多岐にわたることも、問題に拍車をかけています。

        「正解」はひとつではありません。むしろ企業は幅広いスタイルを選択できます。その中の一部に、あるいは自社により適したスタイルがあるかもしれません。とはいえ、事業部門に課す要求レベルと本社による適切な介入とのバランスを慎重に保つことが、効果的アプローチに共通する特徴と言えそうです。これは、どちらも低く保って本社による安全措置を最低限にとどめる場合も、あるいは、どちらも高く保って包括的な支援インフラを投入する場合も変わりはありません。

        また別の課題として、事業の多様性が増しており、親会社が必ずしも支配権を有していない事業部門で安全性能が低いことから生じる風評被害も重大なリスクです。

        企業として適切な安全管理のアプローチを選択することは、取締役員や執行役員らリーダー陣にとって極めて重要な決定となります。企業としての管理措置を効果的なものにし、安全性への真のコミットメントを優れた性能や性能改善の原動力とするためには、個々のリーダーシップという要素が不可欠なのです。

          • 大企業は今、傘下の事業部門全体に適切な安全管理を実施するという新たな課題に直面しています。安全管理のスタイルや選択の取り決めが多岐にわたっており、「正解」がないことも、問題に拍車をかけています。
          • 効率性を求める容赦ない圧力がいよいよ高まる中、企業はサプライヤーや請負業者へのアウトソーシングを増やしており、これによりサプライチェーン全体を通した安全管理はかつてなく困難になっています。数ある課題のひとつに、サプライチェーンの安全管理において、従来の契約的アプローチよりも、カルチャーに基づくアプローチが採用されていることがあります。
          • 企業にとり、安全性推進プログラムのパフォーマンスを改善する担当者の中でモチベーションや関与を初期と同レベルで維持し続けることは次第に難しくなっています。こうした安全性能の停滞を避けるためには、別のアプローチが必要になります。
          • ほとんどの企業ではリスク管理上の注意は現場の活動に限られ、現場以外の事象については記録も報告もされません。流通業務を外注している場合は、なおさら顕著です。しかし、先駆的な企業はさらに一歩先を行き、流通ネットワーク全体でより広範なリスク管理を行わなければなりません。
          • 企業は変わりゆく事業ニーズに対応するため、これまでより短期間でますます複雑な技術を導入しています。そのため、こうした技術に対する効果的な安全保証のニーズは引き続き高まっています。独立した安全性評価は、プロジェクトの成功において、ますます重要な役割を担っています。ここを正しく行えば、安全性の実現が大きく後押しされます。逆に、ここで誤れば、無用なコストや遅延が生じかねません。
          • プロセス安全管理(PSM)のパフォーマンス上の重大な弱点が、経営陣の目にすぐには入らないことがあります。主要なPSM脆弱性の深刻度を見逃してしまうと、施設のリスク・プロファイル低減に寄与しない不適切な安全性投資が行われてしまい、結果的に最終利益に悪影響が生じることになります。

          サプライチェーン全体の安全管理強化には、カルチャーに基づくアプローチの採用が必須

          - 効率性を求める容赦ない圧力がいよいよ高まる中、企業はサプライヤーや請負業者へのアウトソーシングを増やしており、これによりサプライチェーン全体を通した安全管理はかつてなく困難になっています。一般的に、企業は契約条項に基づく従来的な手法で管理を試みます。しかし、企業の安全保証に対するステークホルダーの期待が高まり、法的責任を負う可能性も増大する中、こうした「鎖の弱い部分」は往々にして試されることになります。

          サプライチェーン全体に対する安全保証能力が、大型契約を受注する業者の決定に次第に大きな影響を与えるようになっています。請負業者によるたった一度の大きな事故が、人的、経済的、法的ないかなる損失にも増して、企業のブランドを失墜させかねないからです。

          契約的アプローチからの脱却は、多くの場合、最初の大きな課題となります。サプライチェーンの安全管理を「契約主導型」から「カルチャー主導型」へと進展させることを目指す企業は、定評あるサプライヤーや請負業者と長期的な関係性を構築していくとよいでしょう。

          2つ目の課題は、サプライチェーンの安全管理に向けた正式な体制の整備です。このためには、適切な評価尺度に基づき継続的なパフォーマンス業績評価を効果的に行うことが成功の重要なポイントとなります。

          最後に、カルチャーへの意識が共有された強固な業務関係を形成するには、クライアントと請負業者の相互の信頼が欠かせません。なぜなら、信頼関係があれば、クライアントは現行業務の安全性を確保するために業者に無用なハードルを科す必要がなくなるからです。

          安全性能の停滞を回避

          エグゼクティブ主導の安全性推進プログラムは、導入当初は大幅なパフォーマンス改善をもたらす可能性があります。関与度も高く、事故率は急激に低下し、明確で実証可能な効果が組織全体に現れます。しかし、効果の出やすい部分が減少するにつれ、改善担当者のモチベーションや関与を初期と同レベルで維持し続けることは次第に難しくなります。こうした安全性能の停滞を避けるためには、別のアプローチが必要になる場合があります。

          初期のギャップ解消に役立った監査や事象調査、安全性ブリーフィングといった活動も、情熱が失せていくにつれて単なる形式的なものとなり、部下任せになってしまうこともしばしばです。

          持続的なパフォーマンスの改善には、中間管理職や監督者といった層の効果的な関与が欠かせません。この「動かない中間管理職」は、往々にして最大の障壁となります。

          多くの企業は、パフォーマンスを数値化して改善度を示すために、大量のデータを収集しています。しかし、そのデータから判明した情報や、さらなるパフォーマンス改善に向けたアクションについては、あまり重点が置かれないこともしばしばです。

          は長年の経験から、障害を乗り越えてさらなる前進を目指すうえで役立つ5つの優先事項を次のとおり示します:

          • 概略的なKPIの先にある、根本原因や詳細なトレンド分析に目を向ける
          • 安全性プログラムを再活性化し、従業員の関与度を再び高める
          • リーダー陣のコミットメントを、より個別の課題に向け直す
          • 中間管理職の関与と成長を促す
          • 障壁と機会について独立したレビューを行う
             

          先駆的企業は流通拠点も含めた広範なリスク・プロファイルを想定

          ここ数十年でリスク管理への注目が高まったことで、公共交通事業者が乗客や職員、そして一般の人々に損害を与える事例は次第に少なくなりました。

          とはいえ、ほとんどの企業は今もまだ現場の活動にのみ着目しており、流通リスクの管理については法的コンプライアンスに関する事項に限られています。実際、そうした企業のほとんどは、現場以外の事象について記録・報告しておらず、したがって、こうした事象は役員陣にも伝わっていません。

          特にそれが外注先での事象の場合、注目度はさらに低くなります。一方で、持続可能性(炭素、水、コミュニティーなど)の問題は、企業の活動にさらに大きく左右されるようになりました。

          いまや状況は一変しつつあります。先駆的な企業はさらに一歩先を行き、自社の流通全体のリスク管理に着手しています:

          • そうした企業は、より広範な企業責任と向き合っています。小国のGDPと同程度の収益を得ているこれらの企業は、投資家やその他の人々から常に厳しい目を向けられており、すでに持続可能性に向けた取組みを打ち出しています。こうした企業にとって、評判は決定的に重要です。新たな慣行で他社に後れをとるよりは、自らが主導する姿勢を示したほうが得策なのです。
          • 安全性は下請けに出せない」という認識が広まりつつあります。
          • 車両管理の支援技術はもはや主流です。テレマティクスや車内カメラ・システムは「取るべきあらゆる合理的な措置」の一部となり、同時に、非常に魅力的なROIを提供してくれます。

          は公共交通機関に関する幅広い経験をもとに、広範な拠点を有する事業者の、現場以外での損害を低減するための安全運転プログラムの策定をサポートいたします。取締役レベルのガバナンスからドライバーの日々の管理まで、幅広いプログラム策定が可能です。

            鉄道セクターにおける独立した安全性評価(ISA)の実際的価値

            鉄道機関は事業ニーズに対応するため、より複雑な技術をさらに短期間で導入しています。そのため、こうした技術に対する効果的な安全保証のニーズは引き続き高まっています。独立した安全性評価は、プロジェクトの成功において、ますます重要な役割を担っています。ここを正しく行えば、安全性の実現が大きく後押しされます。逆に、ここで誤れば、無用なコストや遅延が生じかねません。

            技術開発に伴う安全保証では、次の3つの主な分野で偏りのない判断を下せる査定者が求められます:

            • 妥協のない実際的な評価:評価は実際的で、エビデンスに基づくアプローチによるものとし、安全上の実質的問題に目を向け、安全なプロジェクト遂行において管理面での信頼性を高めるものでなければなりません。
            • 協調的な評価:評価者と開発者との関係は往々にして敵対的になってしまいがちで、これが大型プロジェクトの遅延にもつながります。独立した評価者とクライアントとが緊密に連携できる関係性が欠かせません。
            • 先を見越した評価:評価者と開発者がうまくかみ合わないままプロジェクトが長期にわたれば、それだけ重大な問題が後期の段階で判明するリスクも高くなります。多くの評価者は開発が後期段階に入るまで実質的な情報を提供してくれませんが、この段階では問題の修正も難しく、コストも余計にかかることになります。

            ADLのISA専門知識は20年以上に及ぶ経験を通し育んだもので、そのの広さと奥深さにおいて他社にはない貴重で独自なものです。だからこそ当社のクライアントは、自社が納入・配備したシステムが意図した機能を安全に発揮でき、適切な安全性基準に準拠し、規制要件を満たしていることを確信できるのです。

              自社プラントは、自社が考えるほど安全か?

              ADLは戦略的安全性レビューと独立したプロセス安全管理(PSM)システム監査から、PSMパフォーマンス上の重大な脆弱性を見極めています。しかし、こうした脆弱性は経営陣の目にすぐには入らないことも多々あります。主要なPSM脆弱性の深刻さを見逃してしまうと、不適切な安全性投資が行われる可能性があります。こうした投資は施設のリスク・プロファイル低減につながらず、結果的に最終利益に悪影響を与えることになります。

              短期的な最終利益を最大化せよという株主からの圧力はますます強くなっています。これにより既存資産の営業利益率へのプレッシャーが高まり、企業は営業費、維持費、資本再調達費の削減を迫られています。絶えずコスト削減を求めるあまり、一部では、施設管理者がプロセス安全性リスクを把握しないまま、「必須でない」と思われるプロセス安全性投資を後回しにするケースも見られます。

              一部の事業者はエンジニアリング措置に重点的に投資しています。しかし、主要なプロセス安全性リスクの把握、効果的な統制プロセスの導入、プロセス安全性能の先を見越したモニタリングといった点で大きく進展できた企業はごくわずかです。

              当社の考えでは、事業者のニーズを満たすPSMシステムを実現するには、次の5つの主要課題に取り組む必要があります。

              • すべての営業資産について、最新の包括的なプロセス・ハザード図を作成
              • 主要なリスク軽減措置を現場で確実に実行し、その効果を定期的に試験
              • 管理チームのHSE能力を高め、安全なオペレーションに対するライン管理者の責任を改めて明確化
              • 職務およびプロセス安全性能に関するデータを取締役レベルでレビューし、悪いニュースや安全面の懸念についても上層部に報告する様に推奨
              • 企業の事業上の決定が資産のプロセス安全性に及ぼす影響を理解