採用情報

面接のヒント

ケース面接のヒント
※面接はケース面接だけではありません

面接前に練習をしましょう

ケース面接は難しいですが、ルールはある程度決まっています。友人に練習の相手を頼んだり、市販のテキストで勉強したりして、事前に準備するようにしましょう。

面接官全員の指示を注意深く聞きましょう

重要な情報が細部に隠れている場合があります。

遠慮せず面接官に質問しましょう。もっと情報が必要なときや、課題の全体像が理解できないときは、前提を取り違えたまま先に進むよりも、質問をする方がよい場合が多いです。

必要を感じたら、しばらく熟考しましょう

考える時間を少々取っても、(長すぎない限り)不利になることはありません。

思考を正しく構築しましょう

思考の方向性をきちんと定めましょう。面接官に思考のステップを論理的に説明することで、方向性がはっきりしていることを示しましょう。面接官を自分の思考に巻き込みましょう。こうしたケース面接の目的は、思考の過程を見ることです。面接官に、あなたの思考の過程を評価する材料を提供しましょう。

最初の質問に確実に答えましょう

回答の最後に、もともと聞かれた質問に答えることができなければなりません。

自分の振舞いをコントロールしましょう

ケース面接では、問題解決能力だけでなく、ストレス耐性・話を聞く能力・チームワーク(グループディスカッションの場合)・難しい状況への対応なども試されています。全体的な印象も評価対象です。

 

Your success

 

Anticipate, innovate, transform