1886

アーサー・デホン・リトルとロジャー・B・グリフィンが、プロセス改善や製品改善のための最初のコンサルティングファームを設立します。米国ボストンのミルク通り103番地に、最初のオフィスと研究所を開設しました。

1894

その後何年間にもわたり業界の標準参考書となった「製紙の化学(The chemistry of paper making)」を出版

1900

アーサー・ディ・リトルは、MITの応用化学博士のウィリアム・H・ウォーカーと、2件目のパートナーシップを結びました。新ファームは、ボストンのエクスチェンジ・プレイス7番地へ移りしました

1902

New England Telephone and Telegraph Company(現在のベライゾン・ニューイングランド)のために、電気の接続不良の大規模な不具合を解決しました

1903

現在ボストンのブロード通り93番地に所在する当社は、米国で初めて、セルロースアセテートから商業用の織物繊維を作成しました

1906

様々な木材を使った製紙用パルプ製造に関して米国森林局にアドバイスし、新しい国立研究センターや米国森林製品研究所(US Forest Product Laboratory)につながりました

1907

「誰かの悩みは、私たちのビジネス」は、アーサー・ディ・リトルのスローガンとなっています

 

1909

アーサー・ディ・リトルは法人化し、技術を産業成長に適用することを模索する世界初の企業となりました。

当初は、セルロース化学や、セルロースの織物や紙への利用に重点を置いていましたが、1909年までに、アーサー・ディ・リトルは国内最大のコンサルティング産業研究所となり、多岐にわたる研究分野で業務を行うようになりました。

1911

ゼネラルモーターズ向けに、最初の研究開発ラボを設立しました

1914

長い歴史をもつ社誌となる、「ザ・リトル・ジャーナル」を発刊しました

1916

カナダ太平洋鉄道代表取締役のロード・オショーネシーは、カナダの天然資源や、それがカナダのために果たし得る産業面でのポテンシャルについて一連の調査をアーサー・ディ・リトルに依頼しました。

同調査の完了までに、165の個別の研究を行いました。同調査はきわめて重要であることが証明されたため、その後科学・工業研究評議会へ移管され、カナダ政府の業務になりました。

1917

当社は、チャールズ川沿いの、マサチューセッツ工科大学(MIT)の新キャンパスに隣接する、ケンブリッジのメモリアルドライブ30番地に事業所を移しました。同大学も、ボストンからケンブリッジに移設されていました。

この3階建てのレンガ造りの建物は、研究スペースへのニーズの高まりに応じるため、アーサー・ディ・リトルにより建設されました。この建物は、1976年に米国国家歴史登録財に登録されました。また、国定歴史建造物でもあります。「アーサー・ディ・リトル・ビル」として知られているとともに、MITのスローン経営大学院の大学長の本部としても使われています。

1921

豚の耳から絹の財布を作り、PR活動を成功させました。「豚の耳から絹の財布を作ることはできない(瓜のつるにナスビはならぬ)」という古い言い回しを反証したのです。この革命的な成果は、現在スミソニアン協会の収蔵品です。

1925

最初のアンチノックガソリン標準として使用されることになる、イソオクタン化合物を合成しました。

1929

現在米国最大の研究機関の1つである、バテル記念研究所の組織計画を支援しました。

1930

トマトスープ製造から生まれる廃棄物の環境への活かし方について、キャンベル・スープに助言を行いました

1931

ガラス繊維の開発に大きく貢献しました

1935

アーサー・デホン・リトルの死去後、研究の大家であるアール・プレイス・スティーブンソン(1894―1978)がプレジデントの職を引き継ぎ、規律のカルチャーを浸透させました。

企業研究のディレクターとして、アールは24件の特許を取得しました(塩水からの炭酸カリウムおよびホウ酸の回収、マツからのテルペンチン油およびロジンの抽出、プラスチック成形など)

「スティーブンソンは、無意味なことを許さない人でした。彼がプレジデントに就任した際、彼はスタッフ全員に、間に秘書を挟むことなく、彼からの電話に出るよう指示しました。」―エリー・ジャックス・カーン・ジュニア

1939

アーサー・ディ・リトルは、海水を真水に変えるクラインシュミット蒸留装置を開発しました

1941

米国の非与圧高高度戦闘機のパイロット用に、酸素マスクを開発しました

1942

国民のため雇用創出の支援を求めていたプエルトリコ政府から依頼を受けて、アーサー・ディ・リトルは、ブーツストラップ計画と呼ばれる多面的な産業開発プロジェクトを初めて発明し、経済回復プロジェクトの国際的モデルを作りました。

ブーツストラップ計画によって、プエルトリコの産業化は成功しました。投資家による製造プラント移設・新設を促し、地方税や連邦税の軽減措置を提供しながら、輸入関税のかからないアメリカ市場へのアクセスを維持しました。

1946

絶対零度付近での作業のための、最初の商用のヘリウム液化機を製作しました。MITのサミュエル・C・コリンズ教授とその同僚とともに、初めて実用化されたヘリウム液化機を開発し、大学での低温研究に革命を起こしました。この装置により、確実かつ廉価な液化ヘリウムの供給ができるようになり、超電導や半導体などの低温物理学の研究が開けました。

1947

調味料としてグルタミン酸ナトリウムを加える場合の食品への影響について、大規模研究の実施依頼を受けました。

1949

第2次世界大戦中に開発されたオペレーションズ・リサーチの、産業問題への適用を開発しました。

1951

ジョンソン・エンド・ジョンソン、ゼネラル・エレクトリックとの共同プロジェクトが、現代の物流管理の開発につながりました。

1955

実用ミサイルのアトラスおよびタイタン用に、推進剤充填システムを設計しました

1956

アール・スティーブンソンの後を継いで、レイモンド・スティーブンス(1894年~1982年)がアーサー・ディ・リトル社のプレジデントに就任しました。プレジデントとして、レイモンドはマーケティングや国際経済開発へと事業を拡大しました

スティーブンスは、1917年にMITを卒業し、陸軍中尉として第1次世界大戦に従軍しました。彼は1920年にアーサー・ディ・リトルへ入社しました。そして、アーサー・ディ・リトルによる、新興産業開発のソートリーダーシップに重点を置いたクライアント向けの月刊誌「インダストリアル・ブレティン(Industrial Bulletin)」の初代編集長となりました。

「私たちは、世界を革新することにとても意欲的です。ただし、私たちのあらゆる行動について現実的であることにこだわります。私たちは営利団体なのです。」―アーサー・ディ・リトル社プレジデント レイモンド・スティーブンス(1956年~1960年)

1957

アーサー・ディ・リトル社は、欧州で最初のオフィスをチューリッヒに開設しました

1960

IBMと共同で、アメリカン・エアラインズ向けにSABRE(世界初の、リアルタイムでオンラインのコンピューター予約システム)を開発しました。

1960

中将のジェームズ・モーリス・ギャビン(1907年~1990年)がレイモンド・スティーブンスの後を継いでプレジデントとなって、アーサー・ディ・リトル社は1,000万ドルから7,000万ドルの組織へと成長し、大きな国際的影響力を持つようになりました。米軍の優秀な中将として第2次世界大戦に従軍した後(彼の指揮のもとでパラシュート降下を行ったため、「ジャンピング・ジェネラル」と呼ばれる)、ジェームズ・ギャビンは1958年に退役し、アーサー・ディ・リトル社にバイス・プレジデントとして入社しました。彼は1960年にアーサー・ディ・リトル社のプレジデントになり、1977年に退社するまで、プレジデントと取締役会長を兼任しました。1961年~1962年の間、ギャビン中将はジョン・F・ケネディ大統領のもとで在フランス大使を務めるため、休職しました。

1961

先進国出身の部長職の研修のみに焦点を当てた、最初の管理教育プログラムを始動しました(アーサー・ディ・リトルマネジメント教育機関(rthur D. Little Management Education Institute)と呼ばれる、全面的な正式認可を受けた修士学位授与学術機関です)。

1962

IBMのために、コンピューター在庫管理パッケージを初めて開発しました。

1963

たばこの煙から、毛様体静止物質と細胞毒性物質を除去する、最初のチャコールフィルターを開発しました。

1964

現代的な意思決定分析のために現在広く使われているコンセプトの先駆けとなる「決定木分析(The Decision Tree)」が出版されました。

1968

ファイバー光学分野が大きな潜在的影響力を持っていることを明らかにしました。

NASDAQの証券取引システムを設計しました(ロンドン市場と東京市場で採用されました)。

1969

アポロ月面着陸の5つの主要実験の設計開発を行いました。レーザー測距反射鏡は、地球と月との正確な距離を測定するために現在も使用されています

1970

ミナスジェライス州の産業化のスピードアップについてブラジルを支援し、47億ドルを超える新規投資をもたらしました。

ワードプロセッサーを開発し、Savinに製造許可を付与しました。

1972

ジェームズ・ギャビンの後を継いで、ジョン・F・マギーがアーサー・ディ・リトル社のプレジデントに就任しました

1973

太陽発電衛星から電力を生み出すコンセプトについて、特許を取得しました。このコンセプトは、アーサー・ディ・リトル社のピーター・グレーザー博士が1968年に発案しました(「太陽エネルギー:その未来(Power from the Sun:Its Future)」)。

1975

スクロール圧縮機の特許を取得し、より効率的で維持に手間のかからない、ガスの圧縮・膨張技術を提供しました。

アメリカ合衆国郵便公社の全業務のために、革新的な情報・郵便輸送技術を開発しました。

 

1976

日本の大阪近郊で、最初の光ファイバー双方向ケーブルテレビシステムの設計・始動を支援しました。

1977

最大のコンピューターシミュレーションシステムであるSIMPACTを開発しました。これは現在でも超大規模プロジェクトの社会経済的影響の評価に使用されています。

企業が環境パフォーマンスを評価・改善するのを支援するため、環境保証システムを始動しました。

有害廃棄物処理などの多様な工業用途における抽出方法の代替として、特許を取得した臨界流体抽出技術の商業化に着手しました。

1978

欧州が単一の拡大市場となれるよう、欧州経済共同体における貿易の非関税障壁の撤廃に重点を置くことを明確にしました。

1979

有害廃棄物の管理と処理に関する最初の地域計画(ニューイングランド地方委員会向け)を完了しました。

サウジアラビア全域における、最新電気通信システム構築の計画・モニタリングを行い、100年分の進化を同国にもたらしました。

1981

電気通信の規制撤廃に関する欧州委員会の最初の白書を作成し、固定電話、市場、技術動向、サービス、規制の情報に関する、最初の全世界的な電気通信データベースを完成させました。

「技術の戦略管理(Strategic Management of Technology)」のコンセプトを出版し、企業の研究開発リソースの管理に関する戦略的計画の立案技法の適用について、分析的手法を提供しました。

1982

低コストのビデオテックス端末を発明しました。エレクトロニックバンキング、電話メッセージ、ニュースや株式市場報告などの情報へのアクセスを消費者に提供する、最初の大衆市場製品となりました

1988

太陽光発電産業の将来全体に関する研究のパイオニアとなり、1996年までに商用の太陽光発電が実現すると結論付けました。

1991

燃料電池自動車がガソリンおよび代替燃料で走れるようにする部分酸化燃料処理装置を開発しました。

1992

メキシコのセメント会社であるセメックスが、国際的産業リーダーおよび学習する組織へ変革するのを支援しました。

1993

小型充電機器用の、高度先進の固体高分子電解質リチウム電池開発について、30件を超える特許を取得しました。

1994

アルゼンチン政府と密に連携し、国営石油会社YPFの再建と民営化に取り組みました。その結果、過去最高益と40億ドルの株式売却につながりました。

1995

米国海軍のために、柔軟なコンピューター統合製造の開発に関して、サウスカロライナ研究機関を支援しました。

2000

世界最大規模の通信機器メーカーのためのパフォーマンス改善プログラムにおいて、工場生産性を100~150%向上させました。

2001

米国エネルギー省による2002年の燃料電池研究予算全体の20%を受け取った、Nuvera社内での燃料電池研究を開始しました。

2002

世界で最も大規模で過酷なラリーレイドのために、ブランド戦略を設計しました

2003

ポータルアクセス付きの技術・イノベーションデータベースや、化学産業の地方審議会の創設など、英国の地方の科学基盤活用のための新しい方策や戦略を開発しました。

2005

サウジアラビアの新しい電気通信システムの開設を主導しました。さらに、電気通信分野の自由化、特に固定電話・携帯電話のライセンス付与について、サウジアラビアの電気通信の規制機関であるCITCを支援しました。

2006

欧州の大規模ハブ空港による、最先端の国際空港グループへの改変とパフォーマンス改善を、10年以上にわたり支援しました

2008

主要グローバル化学会社のためのカーボン戦略

2010

世界をリードする小児病院のための研究開発戦略

最大の高級車メーカーによる新型電気自動車と市場進出の戦略開発

バーレーンの「新経済産業都市」のためのポジショニング研究

2011

欧州公益事業のトップ企業向けの、原子力施設廃止戦略

「欧州デジタル・アジェンダ」の設定において、欧州委員会と30社の主要電気通信会社を支援

2012

パートナーのグループがマネジメント・バイアウト(MBO)を行い、これによりアーサー・ディ・リトル社はパートナーが所有する、完全に独立したパートナーシップ制度となりました。現在、アーサー・ディ・リトル社はグローバルパートナーシップ制度をとっています。

2012

世界最大規模かつ最も野心的な医療機関プロジェクトのための、破壊的な医療技術調達戦略

2013

最大規模の国営石油会社のための、メキシコ湾における深海石油探査および採掘のビジネスケース

2014

世界で毎年開催されるテニス4大大会の1つのための顧客体験戦略

中東最大の株式市場のためのリスク管理戦略

中東で最速の成長を見せる最大規模の通信事業者のための調達最適化

アーサー・ディ・リトル社の新オフィスをシンガポールに開設し、東南アジア地域のクライアントを支援。

2015

欧州最大の鉄道・物流会社のための、主要デジタル分野(ブロックチェーン、メンテナンス4.0、ロボットプロセス自動化、ブロードバンド運用開始など)におけるIT変革とマスタープランの立案

アーサー・ディ・リトル社の新オフィスをイスタンブール(トルコ)に開設

2016

ドバイ、ストックホルムのためのスマートシティ戦略プロジェクト

2017

高速鉄道線の鉄道サービスに関するプライシング戦略の再設計