consumer goods retail

食品・飲料・他消費財

アーサー・ディ・リトルの消費財・小売(CGR:Consumer Goods & Retail)プラクティスは、米国や日本、ドイツ、スウェーデン、英国に拠点を置き、ADLオフィスネットワークによりグローバルに運営されています。本プラクティスでは、ADLのコンシューマーヘルスチームと共に、50名を超える正規社員による既存ネットワークに加え、60名を上回る外部専門家を有しています。アーサー・ディ・リトルは数十年にわたりグローバル消費財企業に数多くのプロジェクトを支援して参りました。

ADLは常に、食品の原材料から製造・包装・流通・小売・食品サービスまでのCGRのバリューチェーン全体にわたり仕事をしています。

ADLは消費財セクター(農産物、飲食料品の製造、食材、ケータリング、コンシューマーヘルス、日用品、化粧品、トイレタリー、繊維、ファッションなど)全体にわたり幅広い経験を有しています。

ADLが特に重点を置くCGRサービス:画期的な革新のインキュベーション、これまでにない新事業の創出、ビジョンと未来洞察、戦略的計画の立案、新しい成長機会の発見、デジタルソリューションと変革、合併・買収のサポート、パフォーマンス・エクセレンス(研究開発、調達、マーケティング、商業・品質管理を含む) 

ブレイクスルー・インキュベーター―これまでにない新たな事業の創出

大手の消費財企業の多くは、消費者嗜好の変化、個人向けカスタマイズ、ピュアなものに価値を置くミレニアル世代、多数のニッチ市場参加者の市場シェア拡大、既存市場における需要停滞などのトレンドを踏まえ、新しい成長機会を模索しています。中核事業以外で新たな成長をもたらすことは、多くの主要市場参加者のCEOにとり最重要課題となっています。

ADLのブレイクスルー・インキュベーターサービスは、これまでにない新事業を創出し提供するための強力な独自アプローチです。アーサー・ディ・リトルはこのアプローチを用い、完全に外部化されたインキュベータープロセスを先導するデリバリーパートナーとしての役割を務め、他の市場参加者のネットワークを管理し、アイディアジェネレーションから消費者インサイト、コンセプトおよび商品開発、プロトタイプの製造、テストマーケティングの実施、パッケージ開発、ブランド開発、業務およびサプライチェーンの計画立案と立ち上げまで、革新の最初から最後までをカバーします。  

この外部インキュベーターアプローチは、コスト削減、市場投入までの時間短縮、ブランド制約の排除、「自社開発主義」という壁の撤廃、機動的な開発アプローチ、消費者・技術・商業・業務・戦略に関わるインプットの整合・統合などの大きな利益を当社の消費財クライアントにもたらします。

 

ビジョンと未来洞察

消費財企業にとり、主力商品およびサービスは長期的に安定した収益を保ち続けることはもはや望めないほど、目まぐるしい事業環境にあります。他社と差別化する独自の企業ビジョン「センス・オブ・パーパス(目的意識)」の策定は、ますます重要となってきています。ADLの「Why戦略」アプローチは、消費財企業が差別化された永続的ビジョンを確立し、企業活動の全ての側面を通して、そのビジョンを実現するのに役立ちます。

骨太の消費財戦略を作るためには、未来を予測することが極めて重要なのです。ADLの予測アプローチおよびホライズン・スキャニングアプローチは専門的洞察と合わせて最新の分析ツールを用い、重要ドライバーや潮流を特定するためさまざまな情報源から、未来予測地図を作成、消費財バリューチェーンに対するそれらの影響モデルを作り、戦略的重要性の優先順位付けをします。

戦略立案

従来の柔軟性にかける複数年の戦略的アプローチはどんどん今日のビジネス界に合わないものになっています。企業には、今日の主要な傾向(ビジネス境界線の曖昧化、市場投入までの時間短縮への高まる期待、顧客の嗜好変化、新興企業の急激な成長やデジタル化など)によってもたらされる混乱や機会に一層迅速に対応することが求められています。 

ADLの戦略的計画立案に対するアプローチは目的主導型で、重点は次のとおりです:

  • 競争優位性における目的と手段の明確性および堅牢性の確保
  • 消費者や顧客の動向に関する深い洞察と見通しの提供
  • 中核事業以外で、顧客価値創造の新しい方法論により活性化される革新商品・サービスポートフォリオの調整
  • 多様なパートナーのエコシステムの開発と育成
  • 創造性と統制のどちらにも重点を置くことを可能にする組織モデルの設計
  • 複雑さを受け入れ、常に戦略やポートフォリオなどの変化や再編を求める機動的なカルチャーの確立。

新しい成長機会の発見

企業が、周辺事業またはコア事業において新しい成長機会を同定するには、多くの場合、外部の視点や力を必要とします。非中核事業の新規成長機会を探索するために用いるADLの次のアプローチは、数百もの成功案件により実証されています:

  • 市場や消費者、技術の重要トレンドに対する深い業界洞察に基づいた、豊富な実績の裏付けある分析アプローチ
  • 情報収集およびデータ分析のための最新ベストプラクティスに関するデジタルツールおよび技術
  • 体系的なエビデンスに基づく機会特性解析、アセスメント、スクリーニング、および優先化
  • 企業の将来能力や技術に関する徹底した理解と、それに基づくソリューションの将来展望の明確化
  • 市場進出やパートナーの特定、取引の支援などを含むビジネスケース作成
  • 調査結果から実行可能な成長ロードマップの作成
  • 組織、プロセス、カルチャーの変革、リソース、ツールを含む実践的な実施計画の立案
  • 新規事業の創造および立ち上げ(「ブレイクスルー・インキュベーター」を参照)

デジタルソリューションと変革

消費財産業はデジタル技術によって変貌を遂げつつあり、その中には、全てのチャネルのオンライン、デジタル・イネーブルメントへの移行、消費者の個人向けカスタマイズ、ビッグデータ・アナリティクス、 コネクテッドプロダクトおよびデバイス、デジタルマーケティング、新しい製造技術およびサプライチェーン技術、新しい販売時点・消費地点の管理技術ほか多数が含まれます。

アーサー・ディ・リトルは、ますます変化のスピードが加速する消費財業界の中で、企業がトップを走り続ける手助けをするために、次のような幅広くかつ深いデジタル能力を有しています:

  • 重要課題の定式化、コンセプトの実証実験、そして新しいデジタルソリューションやビジネスモデルの設計・拡張
  • 消費者洞察、販売時点管理、顧客体験、マーケティング、業務、製品・サービス設計などの分野に応用する新しいデジタル技術の特定、評価および実行
  • ユーザー主導型ソリューションの一部として、人工知能や機械学習、AR(拡張現実)、ブロックチェーンなどの新興技術を統合
  • コストがかかり複雑で柔軟性のない企業システムを変える代替手段として、機動的なアプローチや革新的なデジタルソリューションを適用

合併・買収のサポート

アーサー・ディ・リトルは消費財業界全体にわたるディールサポートにおいて幅広い経験を有しています。次のようなサポートが可能です:

  • 事業成長の可能性を明らかにする骨太の事業計画作成を支援
  • 売り手や買い手双方の立場での事業計画レビュー(ビジネスデューデリジェンスと特定分野の技術デューデリジェンス)

ADLは、クライアントの成功見通しを最大にするため、通常、投資銀行の企業財務アドバイザーと協力し仕事をしています。詳細についてはこちらをご参照ください:http://www.adlittle.com/en/services-list/52/corporate-finance

Performance Excellenceパフォーマンス・エクセレンス

アーサー・ディ・リトルは、消費財企業がパフォーマンス・エクセレンスを達成できるよう、特に研究開発や調達、マーケティング、品質などの機能に重点を置き、次のようなさまざまなサービスを提供いたします:

  • 研究開発:研究開発部門には、付加価値とビジネスの整合を実証しなくてはならないという多くのプレッシャーがかかっています。消費財企業の研究開発部門と共同で、組織化モデルや経営モデル、効率性の向上、ポートフォリオの合理化、ベンチマーキングに取り組んだ幅広い経験を有しています。
  • 調達:ベンチマーキングやバリューソーシング、機動的なサプライチェーン、透明性など、調達エクセレンスのさまざまな側面において企業サポートをいたします。
  • マーケティング:消費者や市場に対する洞察、デジタルマーケティング、販売効果、顧客管理、価格チャネル戦略、ブランド戦略、経営モデル等の企業サポートをいたします。
  • 品質:品質戦略やベンチマーキング、経営モデル、規格の合理化・単純化などを含む品質管理および食品の安全管理の向上に関して長い実績を有しています。