travel transportation

輸送・流通サービス

の観光および運輸に関わるサービスは、資産に基づく戦略開発やビジネスプロセスの最適化のコンサルティングから、重大な改革のイニシアチブや持続可能性の管理、安全の問題における実施のサポートにまで及びます。ADLは、影響力の強い変革をもたらすため、業界が直面している重要な戦略的および運用上の課題をクライアントが理解し取り組む手助けをいたします。

    の観光および運輸に関わるサービスは、資産に基づく戦略開発やビジネスプロセスの最適化のコンサルティングから、重大な改革のイニシアチブや持続可能性の管理、安全の問題における実施のサポートにまで及びます。ADLは常にクライアントと寄り添って市場で活動し、徹底的な分析を提供いたします。

    のクライアントは次のとおり業界の大部分を網羅しています:

    • 世界中の大手空港、航空会社および航空局
    • 都市部およびその他の地域の公共交通機関
    • モビリティシステムを規制、形成、管理および運用している政府施設や政府機関
    • セクター内で革新や改革をサポートする業界団体
    • 鉄道会社や物流業者(郵便組織を含む)
    • プラットフォームプロバイダー、インテグレーター、旅行およびモビリティサービスプロバイダー
    • モビリティ産業におけるソリューションのための技術プロバイダー

    特に、次の分野で特化した確かな実績を挙げてきました:

    • 航空・空港産業のコスト管理および業績の改善をサポート
    • 欧州および世界各地の大手鉄道会社に業績改善、革新および改革に関するアドバイスを提供
    • 世界の業界において有数の実績を持つ安全・リスクコンサルタント
    • 未来の都市モビリティの概念化における先駆けとして、新しいモビリティのエコシステムおよびビジネスモデルの詳細計画を策定

    新しい販売システム、自由化、新しいビジネスモデルの出現、サプライチェーンの統合、そしてアライアンスの形成は、現在企業が対応しなければならない重要なトレンドです。こうした変化は、企業戦略が革新的かつ実際的でなければならないことを意味しています。

    アーサー・ディ・リトルは、企業の成功戦略の策定を導きサポートするため、その深い業界知識を用い改革や革新の複雑さを管理することを専門としています。

    の主なサービスは次のとおりです:

    モビリティの未来

    アーサー・ディ・リトルは2010年に「未来の都市モビリティ(FUM:Future of Urban Mobility)研究所」を立ち上げました。ここでは、将来につなげるモビリティエコシステムを形成し、またモビリティ・ステークホルダー間のオープンな対話を促進するため、官民の参加者をサポートしています。

    世界の人口は都市に集中し、都市は拡大し続けています。現在、人口の52%は都市部に住んでおり、2050年までにはこの数値が67%に達すると予想されています。

    現在、全ての旅行の2/3以上が都市環境内で起きており、旅行距離(km)は2050年までに約3倍になると見込まれています。

    一方、モビリティに対するニーズは世界中で進化しています。交通機関の組み合わせや人々に提供されるサービスが変わりつつあるのと同様に、人々の旅行習慣も変わりつつあります。

    今後、交通事業者はますます便利で速くかつ予測可能なサービスに対する要求を満たしていかなくてはなりません。

    同時に、消費者はこれまでよりも移動手段の持続可能性や健康への影響を気にし始めています。

    中には、そうした理念を推進する中で、個人別の形態の移動手段を犠牲にする覚悟すらある人々がおり、それによって新しいモビリティソリューションは社会にうまく導入され急速に浸透しています。

    アーサー・ディ・リトルのFUM研究所が提供するサービスは次のとおりです:

    • 各都市の都市モビリティ性能のアセスメント
    • 都市モビリティに関するビジョン、戦略およびロードマップの開発
    • 都市モビリティエコシステムの開発
    • 革新的モビリティビジネスモデルおよび技術に関するビジネスケース

    戦略と事業計画

    は、非常にダイナミックかつ成長しているモビリティ市場がもたらす機会に十分対応できる戦略を顧客が策定し実行できるようにいたします。

    戦略では、非常にダイナミックかつ高度に革新的なモビリティ市場において生まれている機会を十分活用するために必要な作戦集を作成いたします。

    産業が劇的に変化するこの時代、「戦略」は「競争優位性」へとつながる道を明らかにし、成功に必要な独自の強み(USP)を形成します。

    アーサー・ディ・リトルは、「意欲主導型戦略(ambition-driven strategies)」の形成において高く評価されているフットプリントを有しています。業界のトレンドを常に観察・分析し、それを確固とした基礎として仕事をするADLは、企業のトップに野心の形成を促し、効果的に前進するための行動指針を作成します。

    鉄道会社はデジタル化の課題にどのように対処するのでしょうか。

    統合されたモビリティサービスを提供したいと強く願っている市場参加者はどのようにして実行可能なプラットフォームを設計するのでしょうか。

    どの革新的技術を適用し、活用すべきでしょうか。

    意欲主導型の「全体像」は重要な出発点となります。

    この上に成功戦略を築き、さらに一段階進んで、顧客体験や新しく提供する商用製品やサービス、入札戦略などに取り組みます:

    • 顧客ジャーニーの適切な見方とは何か。
    • 顧客満足度にどのように取り組めばよいか。
    • 「魅力的」として特定した顧客層にどのようなアプローチが可能か。

    は、戦略の取組みにおいて、通常「全体像」の枠を超えて考え、顧客が目に見える大きな成果を得られるようサポートいたします。

    の「変化をもたらす(make a difference)」意欲は、業界における経験や分析スキルに、創造性および既存の枠にとらわれない発想、そして成功へと導く強いリーダーシップスキルを取り入れることです。

    ブランド化された顧客体験

    顧客体験(CEX)の最大化で重要となことは、顧客をファンへと変えることにより優れた価値を生み出すことです。

    多くのイニシアチブはCEXに良い影響も悪い影響も与えることができるため、CEXは組織内の全ての部門と全ての人の関心事です。

    アーサー・ディ・リトルは、3つのクラスターに焦点を絞った一連の改善手段を開発しました:

    1. コアサービス:時間どおりの運行や心地よさなどの基本サービス、およびドアツードアのモビリティソリューションなどの追加サービス
    2. 付加価値サービス:例えば統合されたモビリティまたはリアルタイムの情報提供などの革新的ソリューション、および、小売や食品飲料の提供などの商業サービス
    3. 顧客関係管理:CRM 2.0(ビッグデータ・ソリューションやクロスチャネル統合を含む)、人的交流(コールセンターや、プロモーションやソーシャルメディアを通じたコミュニケーションなどの外部コミュニケーションを含む)

    CEXイニシアチブは「基礎を固めること」に重点を置くだけではなく、一貫性を保ちながら、厳選されたタッチポイントで顧客の期待を上回る「感動効果」を生み出すことにも重点を置く必要があります。

    特定のイニシアチブを強調するか断念するかの判断は、(ターゲットとして選ばれた顧客層の)顧客ニーズに基づき、ブランド属性と合致した形で決定べきです。

    入札戦略およびサポート

    は民間の交通・サービス事業者に入札戦略とサポートを提供いたします。

    • アーサー・ディ・リトルは、大手交通業者および交通観光サービス・機器プロバイダーの大型入札とそれに伴う応札の計画から完結までを支援いたします。
    • 総体的な戦略理解および主要な分析・戦略開発スキルは、ファンダメンタルズを適切に設定する鍵となります。これは入札の買い手にとっても売り手にとっても、そして大型交通事業またはサービス契約に入札する際にも同様に重要となります。
    • アーサー・ディ・リトルの観光・および運輸に関わる分野の専門家たちは上述の戦略計画の立案に優れており、観光および運輸に関わるクライアントに最高水準のプログラムやプロジェクト管理能力についてもサポートを提供いたします。
    • はこのように、持続可能な社会を築き、未来のモビリティを実現するため、都市部の公共鉄道やバス、航空、インフラなどの分野で、日々の何百万もの旅客にとり極めて重要なコンセッション事業のために大型入札・応札を行うクライアントの計画および実行をサポートをいたします。

    業務の未来

    現在、観光および運輸に関わる大手の事業者はかつてないレベルの技術主導の変化に直面しています。

    長年にわたり作り上げてきたビジネスモデルの崩壊により、企業は働き方を根本的に再評価すること、また、収益を増やし、コストを削減し、より良い顧客体験を提供するためインダストリー4.0技術を用いることを余儀なくされています。

    しかし、現状を打破する可能性のあるインダストリー4.0技術(ビッグデータ・アナリティクスから、燃料およびメンテナンスの節約を促すための複合材料の利用増まで)から十分に恩恵を受けるためには、交通事業者が迅速に対応するだけではだめなのです。

    それに加え、アーサー・ディ・リトルのハイ・パフォーミング・ビジネスモデルの4つの推進力(戦略、プロセス、能力、そして組織)全てを網羅する、総体的なアプローチが必要です。

    最も成功を収める組織は、明確に定めた「業務の未来」ビジョンおよび戦略によってコンセプトを実現することができ、そして、業務の実績や単価、顧客満足度の目に見える改善を達成するためにこれらの技術を実用的な方法で適用することができる組織です。

    の「業務の未来」サービスは、5段階アプローチに基づき、観光および運輸に関わるクライアントをプロセス全体を通して導いていけるよう設計されています。

    は積極的に市場傾向を監視することにより、インダストリー4.0技術関連のアプリケーションを見いだすのに役立つ、500を超える導入事例のデータベースを開発しました。

    は、協調的な「side-by-side™」アプローチにより、クライアントと緊密に協力して「業務の未来」戦略を定め、戦略の開発から実行までのクライアントのジャーニーに同行いたします。

      システムレベルの改善

      アーサー・ディ・リトルは、システムレベル性能を最適化し、誘発利益を共有するため、エコシステムの主要ステークホルダー(交通事業者/インフラ事業者/交通管制機関/第三者サービスプロバイダー)間の改善共同プログラムを推進し加速させます。

      交通結節点は、乗客や荷物、貨物を乗り物(電車、飛行機、船など)とシームレスかつ効率的にリンクさせなければならない極めて精巧な「コネクター」です。このサービスを提供するのに多くのステークホルダーが貢献しており、中でも重要な参加者は交通事業者、インフラ事業者、交通管制機関、そして不可欠な第三者サービスプロバイダー(地上で荷物を取り扱う業者など)です。

      コネクターは多くの場合、2つの大きな落とし穴が原因で、顧客にその全ての価値を提供できていません。第1の原因は、主要なステークホルダーが同じ時空で作業しているのに業務連携に限界があること、そして第2は、各参加者はそれぞれ独自の戦略的・経済的合理性を持っていて、それらが他の参加者と一致していないことです。

      そうであれば、システムレベルで性能を最適化することによりコネクターの設計および運用を改善することが可能な性能改善のための共同プログラムの立ち上げは、思い切った戦略的イニシアチブと言えます。アーサー・ディ・リトルの代表的な介入方法は次のとおりです:

      • 性能改善を必要とする領域を特定するため、共通のビジョンを設定し、診断を行う
      • 実行可能な行動や利益について客観的視点を提供する
      • 適切な利益/リスク分担スキームを定義する
      • 初期段階でプロジェクトマネジメントオフィス(PMO)を運営し、継続するための適切なガバナンスを定める

      経済価値ベースのリスク管理

      運輸業のような資産集約型の産業はますます統合されるシステムと見なされており、さらに複雑さが増していることを考えると、リスクの発生源は幅広く、今後広く影響を及ぼす可能性があります。

      交通事業者やインフラ管理者は、意思決定プロセスおよび業務管理において説明責任を負うべき付加的要因として、リスクを考慮に入れることがますます必要とされています。

      そういった意味では、統合されたリスク管理システムは適切な戦略を実行するためのフレームワークを提供しており、その戦略的レベルでの付加価値が広く認識されつつあります。

      従来の全社的リスク管理(ERM)はその責務を果たし、経済価値をもたらそうとますます苦闘しています。ADLはクライアントが「経済価値ベースのリスク管理(VBRM:value-based risk management)」を導入する手助けをいたします。VBRMとは、要は変化に対応するとともに、企業に最大の経済価値をもたらす領域にリスク管理の取組みをダイナミックに集中することです。

      アーサー・ディ・リトルの代表的な介入方法は次のとおりです:

      • 現行のリスク管理体制の有効性を評価し、最も重要な付加価値改善領域を見いだすためにリスクカルチャーのレビューを実施する
      • 未来を予測し、マイナス面であるリスクとプラス面である機会の両方を見いだす企業幹部の能力を強化するために、戦略的リスク特定ワークショップを実施する
      • 企業に合わせたリスクカルチャープログラムを開発する(例えば、協調的リスクカルチャーの漸進的導入とリスクオーナーのエンパワーメントのためにパイロットプロジェクトを通して組織を関与させるなど)
      • リスクに基づいた迅速な経営陣の意思決定を可能にするシステムを設計する

      投資計画と資産運用

      は、コスト効率よく資産の持続的な業績をもたらす資産管理戦略を開発および実施いたします:

      • 運輸においてコスト効率よくタイムリーにサービスを提供するために利用可能な物的資産を確保しておく場合、その結果として資産の業績を大幅に向上させる必要が生じます
      • 経済成長および都市化により増えているキャパシティ、高コストで経年劣化した資産の入れ替え、減り続ける公共セクターの予算、そしてサービスの質および信頼性に対し高まり続ける顧客要求、これら全てを要因として、多くの組織はこれまでと同じ方法で資産を管理することができなくなり、根本的に異なるアプローチが求められています。ADLはこうした課題に取り組み、将来の資産基盤を持続可能な形で管理するための適切なアプローチを構築します。
      • は、将来の需要および利用可能な財源に基づいて最適化された総体的な資産運用戦略を開発するとともに、それらを実現するための組織モデルを考案する手助けをいたします
      • は、強化された資産情報のニーズや、生涯原価計算アプローチの定義、価値管理および価値工学、そしてサプライチェーンの革新を評価し、予知保全の改善を推し進めることができます

      安全管理の有効性

      は、クライアントと共にワールドクラスの安全管理と事業保証の整備に取り組み、信頼感を高めると同時に事業の業績を改善いたします。

      の提供するサービスは次のとおりです:

      • 企業で現在行われている安全に関するリーダーシップ、管理、保証およびガバナンスに対する独立した公平なレビュー
      • カルチャーの変化と変革(ワールドクラスに対するセクター横断のベンチマーキングを含む)
      • 改革の検証および新規ビジネスの保証
      • 企業の事業のリスクプロファイリングに基づいた優先順位の策定
      • ADLのサービスはクライアントが次のことを達成する役に立ちます:
      • 安全上のリスクが十分にコントロールされているという幹部や理事会の自信
      • 運用上の出来事や事故による損失の軽減
      • 新しい市場における競争力の強化
      • 規制者の信頼感の向上
      • 企業カルチャーに合うよう開発された、リスクと保証におけるベストプラクティスアプローチ
      • 業務および安全性能向上の目標優先順位 

      戦略的能力管理

      は、クライアントが関連のあるスキル要件に対処するため、リソースの利用可能性および能力を最適化できるようサポートいたします。

      は、企業が能力管理に関連する戦略的課題に対し適切な回答を定める手助けをいたします:

      • 企業戦略の実現を支えるために求められる競争優位性を維持(もしくは構築)するには、現在および将来にわたりどのような能力の習得が必要不可欠となるか。
      • そのような能力を習得するにはどのような開発戦略が適しているか。
      • 大量退職の状況において、短期的/中期的に知識漏洩を防ぐ方法とは。
      • 重要な知識を正しく獲得・吸収、体系化、共有、維持、開発するにはどのような組織および運用イニシアチブ、プロセスおよびツールが最も適しているか。
      • 企業カルチャーを学習する組織に適合させる方法とは。
      • 将来のスキル要件に対応するため人材管理はどのような適応を必要としているか。

      組織の有効性と効率性

      はクライアントの現在の設定を最適化する手助けをし、業界要件および顧客要求を満たすリーン(無駄のない)構造を確保いたします。

      (デジタル)革新や値下げ圧力、高まる顧客要求により観光および運輸に関わる業界で起きているエコシステムの変化は、市場参加者の組織設定やかじ取りのメカニズムを再考するよう求めています。

      もはや定まった長期的企業戦略から企業構造が導かれることはありません。それに代わり、戦略的・戦術的なビジネスの変化に短期的に適応していくことが必要となります。

      観光・運輸セクターの多くの企業の場合、こうした組織の機動性は、、数量効果がものをいうビジネスモデル(業務効率を確保するための安定構造を必要とする)と組み合わせる必要があります。

      組織設定の安定性を確保することは競争優位性の明確な源泉です! 

      アーサー・ディ・リトルはこの分野における長い間のプロジェクトの実績から、ビジネス要件を安定した企業設定へと変換するためのフレームワークを開発しました。

      アーサー・ディ・リトルは、このフレームワークを用い、次の6つの側面から成る企業設定をより包括的に理解いたします:構造、プロセス、かじ取り、人材、カルチャー、そして変革です。

      当社の経験上、症状ではなく組織の根本原因である不適切な設定に対処するには、上述の6つの側面のうち複数の側面を調べることが必要となります。

      当社の提供するサービスは、「将来のデザイン(to-be design)」の「簡易アセスメント」から「エンドツーエンドの組織改革」まで幅広く、これによりクライアントの特性やそれぞれの優先順位を説明することができます。

      は経験豊富なチームと共に、組織改革のあらゆる局面で確実に目に見える成果を出し、「side-by-side™」アプローチに従い改革目標を確実に実現いたします。


       

        ITの重視(Value IT)

        はクライアントのITをレベルアップさせ、重要な資産にする手助けをいたします。

        分化を阻害していると見られている組織から真のビジネス革新パートナーへの変革を管理するためには、IT部門にとり基本的な土台作りが不可欠です。

        ITは国際化およびデジタル化と高い関連性があるため、特に運輸業に関わる企業に適しています。

        アーサー・ディ・リトルのIT重視ソリューションは、ITのパフォーマンスを総体的に向上させるための3つの要素から構成されています。

        • ITマスタープランという形のIT戦略は不可欠です。ITマスタープランにはビジネスITインターフェースやアプリケーション、データ、技術などの必要不可欠な要素だけでなく、ITポートフォリオやIT運用モデル、ITリソースなども含まれており、IT部門において部門間シナジーを見いだすプラットフォームとしての機能も果たします。
        • これに基づき、ITコミュニティー内にガバナンスの組織構造を設定します。これには、役割や責任、かじ取りメカニズム、およびその他のガバナンスに関連する問いかけ(需給関係の深さ、すなわち購入か自製か)など)が含まれます。
        • 3つ目の要素は既存のアプリケーション、技術およびデータランドスケープの最適化であり、品質とスピードに明確な焦点を置きます。これは多くの場合コスト削減と密接に関連していることは明らかです。

        戦略的調達の最適化

        は、クライアントが優れた業績と競争力のある価格を実現するための確固たる基盤を確立する手助けをいたします。

        モビリティサービスの提供は、堅固で信頼性のある資産基盤、また幅広いサービスおよび管理機能を必要とします。調達はこのバリューチェーンにおいて重要な役割を果たします。

        はここ数年の間、航空、空港、鉄道、および物流セクターに関わるクライアントの調達プラクティスの改革や全面的見直しを手助けしてきました。

        は長年の業界での経験や産業間の経験に基づき「ソーシングと調達」に対する堅実なアプローチを開発しました。それは、「診断」、「戦略的ソーシングおよび変革」、「影響の大きい購買」、「ソーシングと能力形成」および「サプライヤー管理の改善」といったモジュールを網羅しています。

        クイック・ウィン、そして中長期的に目に見える成果を生むことは当社が大切にしている志です。

        は経営陣や専門チームのスタッフと緊密に協力し仕事をいたします。当社のソーシングおよび調達ソリューション「アンダー・ザ・フード」は次のカテゴリーに分けられる40の手段から成ります:「競争力向上手段」(市場購買力を用いる)、「ボリュームバンドリング」(集中および活用の社内機会を用いる)、「需要手段」および「バリューチェーン手段」です。手段アプリケーションはそれぞれのクライアントに合わせ適切に組み合わせます。

        には即座に目覚ましい改善を遂げた確かな実績があります。

        しかし、ADLの志はさらにその先の持続可能な改革へと向かっています。アーサー・ディ・リトルは、調達の専門家であると同時に優れたトレーナーやコーチでもある、非常に経験豊富な上級コンサルタントを抱えている数少ないトップ経営コンサルティング会社の1つです。