utilities alternative energy

環境・エネルギー

のコアサービスは公益事業と代替エネルギーの分野を網羅しています。ADLは、さまざまな業界別および機能別のスキルを活用した豊富な実務経験を有しており、企業が自社のビジョンを特定・精緻化し、業績を高め、革新の利益を実現する役に立つことができます。 

は石油・ガス業界のクライアントと共に ビジネスを推進し、パートナーとして重要な戦略的課題に影響を与える明晰な思考を提供します。ADLが他と異なるのは、次の4つの要因を組み合わせることができる独自の能力です:エネルギー産業とその最も困難な課題についての深い実践的な理解、最高の能力を有するスタッフ、新たなインサイトをもたらすイノベーション、そして測定可能な結果を出すことへのコミットメント。

これはADLの得意とするところであり、企業のマネジメント層から業務の現場まで幅広いクライアントのニーズを効果的に満たすことができるソリューションの構築を可能にいたします。

が公益事業および代替エネルギー産業に関わるクライアントに提供するサービスは次の6つのコンピテンスセンターを中心に構成されています:

発電

は発電バリューチェーンおよび業界に関する深い専門知識を駆使し、クライアント(国有および民間の公益事業、独立系発電事業者、原子力上流サプライヤー、政府原子力機関)に発電分野における多岐にわたるサービスを提供しており、中でも核エネルギー分野に特に重点を置いています。

ここ数年の間、当社は核バリューチェーンに関する理解を深化させ、100を超える核関連プロジェクトにおいてクライアントをサポートしてきました。ADLは多数の原子力上流サプライヤーの原子力戦略の再編、および組織全体のパフォーマンスの最適化を定期的に支援しています。

ADLの原子力産業における発電コンサルティングのソリューションは、新規構築から廃棄物管理や施設の廃止まで、原子力ライフサイクルの全てを網羅しています:

  • 原子力施設廃止戦略およびプログラムの強化
  • OPEXおよびCAPEXのパフォーマンス向上または最適化
  • 大規模なCAPEXプロジェクトの回復および管理

ADLは、過去の多くの事例から得た深い学習と今日の新たな発展に関する見識を統合し、原子力産業に対する堅固かつ構造化されたコンサルティングアプローチ(「アーサー・ディ・リトルの原子力産業フレームワーク」)を提供いたします。

送電

は送電セクターにおける経験を通し、送電系統運用者(TSO)が直面している重要な課題およびさまざまな企業の対応方法について確かな理解を保有しています:

  • スマート化:公益事業の基本的なビジネスモデルに革命をもたらしている技術の進化
  • エネルギー貯蔵:オペレーション上および財務的な利益をもたらしているが、繊細な分析を必要とする微妙な境界条件が存在する
  • 規制管理:世界市場の至る所で事業分化を生み出す、進化し続けている規制モデル
  • 投資と資産運用:規模と複雑さの増加に対処しながら、既存の資産基盤に対する「リーン(無駄のない)」の哲学を保持する
  • 資金調達:増大する資産基盤に対処するために必要な新たな資金源
  • 多様化:規制対象産業のみに注力するのを防ぐために新なた収入源を探求する
  • パブリック・インボルブメント:TSOの主要ステークホルダーとして重要性が高まる一般市民への対応

デジタル化と革新

電力市場はゆるやかな変革の最中にあり、公益事業者は、新しいデジタル組織へと進化するか、分散型再生可能エネルギーやマイクログリッド、またはその他の技術との競争や置き換えにより廃れてしまう脅威に立ち向かうかを選ばなくてはなりません。

の「デジタル化とイノベーションコンピテンスセンター」は、クライアントが公益事業ビジネスモデルにおけるこの歴史的革命を乗り越えられるよう、次の4つの主要テーマを中心とした専門知識を用い手助けをしたいと考えております:

  • デジタルビジネス戦略管理:デジタル時代のビジョン
  • 近い将来AIが著しい進歩を遂げるという期待を込め、デジタル化により人の仕事を置き換える概念としてデジタル化を定義する  
  • 自動化されたデジタル機械が人の仕事を代替する可能性が高いことに基づき、デジタル化が公益事業におよぼす影響を推定する
  • デジタル時代における発電と卸売:商品供給の柔軟性
  • 従来型の発電所におけるデジタルO&M、バーチャル発電所、再生可能エネルギー市場参加者のための一日前取引などの逸脱管理
  • デジタル小売管理:クライアント体験エクセレンス
  • デジタルコミュニケーションチャネルの最適化、デマンドサイドマネジメント
  • デジタルネットワークの運用:ネットワークサービスの品質
  • インテリジェント消費予測システム、高度なネットワーク計画システム、管理センター業務、ネットワーク機器の自動化、および自己修復能力

再生可能エネルギーとエネルギー効率

アーサー・ディ・リトルのグローバルな「再生可能エネルギーとエネルギー効率コンピテンスセンター」は、この分野における当社のd高い専門知識を反映し、世界中の大口顧客のために極めて重要な戦略および実施に関する業務を行っています。

当社は過去5年の間に、世界の100を超えるプロジェクトで、クライアントが再生可能エネルギーおよびエネルギー効率ソリューションを実行する手助けをしてきました。

アーサー・ディ・リトルは、企業の再生可能エネルギーおよびエネルギー効率戦略の開発を手助けすることができる独自のポジションにあります。ADLは企業が目標を達成するのに役立つツールや経験、プロセスおよびアプローチを有しています:

  • 再生可能エネルギーへの投資機会の特定
  • 国レベルの再生可能エネルギーに関する規制方針の明確化
  • 市場および技術のトレンド分析
  • 市場参入とパートナーシップ戦略の開発
  • 研究開発リソース戦略の開発
  • 特定の機会に関する実現可能性の検討およびデューデリジェンス

ADLは、大手事業者だけでなく新規参入企業や新興企業を支援してきた無数の経験があり、それによって再生可能エネルギーに関わるクライアントのビジネスが抱える課題や要件に対する深い実践的洞察が培われております。 

コマーシャル・エクセレンス

は、クライアントの製品やサービスを改善し、コストを最適化し、組織を再構築し、顧客ケアを向上させ、そして債務構造を最適化することで、クライアントのコマーシャル・エクセレンスの実現を手助けいたします。

  • 予測する
    • ADLは様々なステージにおけるクライアントの極めて重要な商業的課題をサポートいたします:予測
    • 市場の動向および今後の見通しのアセスメント
    • 現状の簡易診断(4週間にわたる専門家によるアセスメント)
    • 大手電力・ガス小売事業者のベンチマークの実施
  • 革新する
    • 新しい管理モデルや顧客管理、販売管理、バックオフィスの明確化
    • 新たに提供するサービスやチャネルの立ち上げ
    • 情報および能力を育成するための計画の構築
    • 新しい顧客体験および顧客満足に関する評価尺度のレビューおよび設定
  • 変革する
    • 新しい管理ツールおよび新たな組織モデルの実行
    • 新しいITツール実行のためのサポート
    • コスト・品質目標の重要なプロセスおよび達成に関するレビュー
    • 大規模な変革プログラムのためのサポート

水および廃棄物管理

はここ10年の間に、世界の著名なクライアントのために50を超える水および廃棄物管理の重要なプロジェクトを実施してきました。

が特に重視し、有する専門知識は、処理・処分、統合された廃棄物管理、企業財務、そしてCAPEX管理に関してであり、公益事業やメーカー、プライベートエクイティファンド、そして公共セクターのクライアントにサービスを提供しています。

は水および廃棄物管理のバリューチェーン全体にわたり多様なサービスを提供しています:

  • オペレーショナル・エクセレンス
  • CAPEX管理
  • ICT(情報通信技術)と革新:成長加速とデジタルトランスフォーメーション
  • 人材管理と組織:調達エクセレンス
  • 戦略、企画および管理:ファイナンシャル・アドバイザリー(合併・買収)

ADLは当社のクライアントにとっての重要性を保つため、水および廃棄物管理に関する最新の市場および技術動向を常にウォッチしています。