technology innovation management

技術・イノベーションマネジメント

イノベーションを取り巻く構造は近年急激に変化しています。デジタル化を含む破壊的技術の進展、スタートアップを含めた新たなエコシステムの台頭、社会システムや産業構造における不連続な変化、、、。これらはイノベーションへの対峙の仕方そのものの再考を求めています。

    社外までも含めたイノベーションの創出力をどう担保するか

    社会の変化がより不連続になっていく中で、目の前のニーズだけでなく、将来のニーズを見据えたイノベーションの創出力の担保はより重要になっています。そして、そのためには単なるパートナリングだけでは不十分であり、より広範なエコシステムの構築が求められます。

    • 社外を含めたイノベーションエコシステムを構築するために、企業は様々なチャレンジが必要です。
    • 業界の垣根を越えて、戦略的に重要となる技術をいかに見極めるか
    • 多様なプレイヤを巻き込んでいくための求心力をいかに発露するか
    • スタートアップなどとの連携をいかにして事業価値へとつなげるか
    • より実効的なオープンイノベーションに向けて、いかに組織風土を転換するか

    ADLはクライアント企業に対し、そのエコシステム革新までを支援しています。

      R&Dやイノベーションへの投資対効果をいかに最大化するか

      大抵の大企業においてはすでに様々な指標をもってR&D効率などをモニタリングしています。しかし、それはともすると縮小均衡に陥りがちであり、また、不連続な変化への対応力を棄損しかねません。

      • 例えば
      • イノベーション戦略が硬直化しがちであり、新たな変化への対応や潜在的な機会の取り込みを阻害する
      • 外部連携を加速した結果として、グローバルR&D体制としてのガバナンスが効かなくなり、地域や技術領域の垣根を超えた連携の障壁となる
      • 既存顧客との協業傾注するあまり、顧客産業そのものが変わるような不連続な変化に対して後手に回ってしまう
      • はイノベーションを取り巻く環境変化を捉え、常に新たなマネジメント手法を提唱しています。

      製品やビジネスモデルの革新をいかに早く柔軟に実行するか

      多くの企業は製品やビジネスモデルの変革の必要性を認識しつつも、変革速度が不十分であると認識しています。また、多くの企業がCVCなどの新たな施策を導入し始めていますが、ADLのグローバル調査によると85%もの企業がその効果を実感できていないことが明らかになっています。

      イノベーションを阻害する要因は企業によって様々です。

      • 過去のパラダイムに囚われ、産業としての変局を捉えきれない
      • 現業への注視ゆえに、周辺にある機会や潜在的な機会に目配せできない
      • 社内リソースに拘泥し、スタートアップや大学などの外部の巻き込みがうまく機能しない
      • 短期的な優先度と長期的な優先度とのバランスを誤ってしまう
      • は組織風土改革や実行支援を含めて、クライアントにおける革新の実行を支援しています。