operations management

オペレーション・業務改革

幅広い業界にわたる当社のクライアントは、グローバルで先読みの難しい不確実/不連続なデジタルな事業環境を舞台に、「将来のあるべきオペレーション像」の模索/構想/構築に取り組んでおります。

加速する外部トレンドは、研究開発、調達、製造、物流、カスタマーサービス、販売、そして総務に至るまで、バリューチェーン全体での業務レベル、業績向上の原動力となっています。

  • インダストリー4.0と多様なデジタル技術により効率性が向上、業務レベルが最大20%改善
  • 不確実/不連続な事業環境下におかれる競争の激しい顧客/供給市場では、最短のリードタイムとリスク管理、そして外部変化への最高の対応力を備えた、リーンな標準化プロセスが求められます。ADLではこれを「俊敏/機敏な事業オペレーション(operational agility)」と呼びます。
  • 世界中の顧客基盤と供給市場に対応するグローバル化した業務拠点では、グローバルな業務ネットワークを効率的に運用するための新たなガバナンスとツールが必要です。

つまり、「将来のあるべきオペレーション像」は、デジタル、機動性、そしてネットワーク化がキーとなります。斯様な状況において、我々、Arthur D. Littleでは、クライアントのあるべきオペレーション像への変革の絵姿を描き、革新的なオペレーション・マネジメントのモデル/プロセス構築や、企業価値最大化に向けた全社トランスフォーメーションの実現を支援しております。


クライアント企業様、並びに弊社にとっても、トランスフォーメーションへの取り組みは非常はエキサイティングな機会と理解しております。まさにパラダイム変化の真っ只中においてこそ、その緊急性/重要性の高い競合優位性を持つオペレーション・マネジメント構築に向けた推進を支援いたします。