utilities alternative energy

環境・エネルギー

現代のリーダー企業にとってエネルギーは最重要課題です。電力・ガス市場の問題、発電における石炭の再評価、地球温暖化および再生可能エネルギーの課題、そして原子力の再興について懸念が存在します。特に公益事業では、現在、急速に変化する市況と政治環境に起因する大きな改革が進行中です。この業界が新しい売上成長を確保するためには、新しいビジネスモデルの開発が切実に必要とされています。 

公益事業では、現在、急速に変化する市況と政治環境に起因する大きな改革が進行中です。ネットワークコスト構造は不変のため、オングリッドの消費量の減少(主に分散型再生可能エネルギーの成長による)と相まって、公益事業の利益幅が減少していることは重要です。

この傾向はさらに悪化する可能性があります。家庭用再生可能エネルギーの現在のグリッドパリティは多くの地域でもはや最終価格レベルではないと見なされているためです。事実、屋上太陽光発電は2025年には卸売価格の約1/2に、そして2050年には約1/5にまでなると予測されています。

同時に、いくつかの主要なトレンドが消費者のエネルギーの使い方に影響を与えています。デジタルトランスフォーメーションもその1つです。この変革は企業のクライアントとの付き合い方を変えるだけでなく、社内の仕事のやり方にも、また、価値が生み出される場所や方法に対しても影響を与えます。小規模の分散型発電および電力貯蔵は、生活協同組合やその他の地域消費者組合だけでなく、一般世帯や企業に対しても等しく門戸を開いています。

ネットワーク(送配電)事業者は、単なる供給事業者から、最終顧客に付加価値サービスを提供するプロバイダー、およびバーチャル発電所を介して分散型発電資源の効率的な使用を可能にするイネーブラーへと完全に転換する機会としてこうした将来トレンドを考えるべきです。

ネットワークの運用をより効果的かつ効率的にする一連の技術が増加しており、それらを取り入れなければ電力会社はこの業界における変革に後れを取ることになります。