会社概要

沿革

Our presence in Japan

Arthur D. Little Japan Inc. was established in 1978 as the Japanese subsidiary of Arthur D.  Little and our key base of operations in Asia.
In the roughly 40 years since then, the Japan office has offered management-consulting services on a broad range of key issues to a wide variety of Japanese companies.  

  • 1978: Arthur D. Little Japan Inc. established in Toranomon (Minato-ku, Tokyo), with Yoshimichi Yamashita, currently president of 21st Century Manufacturing Strategy Research Center, appointed CEO
  • 1998: Glen S. Fukushima (former President of the American Chamber of Commerce in Japan) appointed CEO
  • 2000: D. Michael Sausman appointed CEO
  • 2006: Yusuke Harada appointed CEO
  • 2014: Arthur D. Little Singapore established in order to further expand the business in Asia.
  • 2016: Office relocated to Shiodome (Minato-ku, Tokyo)

 

社史"Who says it can't be done ?"

アーサー・ディ・リトルは、チャレンジ精神に溢れていました。豚の耳から絹の財布を作ることは可能かと聞かれたときに答えた「誰が不可能だと言うのだ?」という言葉は、私たちが闘っている全てを象徴的に表しています。私たちはこれまで、終始一貫して、考えもつかなかったことを現実に変えるよう私たちをかきたてる課題を推進力にしてきました。

年表

1886年創業のアーサー・ディ・リトルは、世界で最初の経営コンサルタント会社です。

1886年10月1日、アーサー・デホン・リトルは、ボストンに化学分析のオフィスを開業しました。このオフィスの開業は、新興科学と社会・産業の実際のニーズとのギャップを埋めることになる、委託研究の誕生となりました。米国における科学アウトソース研究のハブの1つにゆっくりと成長しました。

しかし、アーサー・ディ・リトルはさらに一歩先へ進みました。創業以降、すでに25年に及ぶイノベーション管理の専門知識を積み上げていた1911年に、彼はゼネラルモーターズの敷地内に、同社のための最初の研究開発ラボを開設しました。この時点では、ゼネラルモーターズの研究の一部の受託契約は意識していませんでした。同社、そして同業界のためにビジネスモデルを発明していたのです。

 130年以上にわたり、アーサー・ディ・リトルの名前は、技術的創造力や革新的思考と同義であり続けています。

従来からアーサー・ディ・リトルの経営コンサルティングサービスは、企業だけでなく、世界中の国家機関、連邦政府関係機関、政府からも求められています。当社のプロジェクト業務は、企業財務、環境リスク、情報管理、オペレーション、戦略と組織、テクノロジーとイノベーション、その他クライアントの競争力を維持するための多数のサービスに注力しています。

今日、アーサー・ディ・リトルは、新興業界のトレンドや、戦略的思考、オペレーショナル・エクセレンスを論じる半年ごとの刊行物「プリズム(Prism)」など、多様な形で革新的なソートリーダーシップを提示しています。

アーサー・ディ・リトルの成功は、その専門性とビジネス方法論に由来するといえます。当社のプロは、疑問の核心に迫ることで、プロジェクトにアプローチします。そして、業務遂行・市場参入・利益増加のためのより効果的な方法を決めるため、情報を推定し、確認し、評価します。

成功の基礎は、単一の行動ではなく、チームの行動全体です。

は常にクライアントに寄り添う「side-by-side™」スタイルで、クライアントと同等の熱意を持って、彼らの課題を理解し、対処することを証明いたします。アーサー・ディ・リトルのカルチャーは官僚的ではなく、協力的かつ前向きです。当社の人材は、プロジェクトの定義やライフサイクル全体での管理の方法を通して、そのような価値観を絶えず象徴しています。

現在、当社のプロは、輸送バイオ燃料の持続可能性、プライベートエクイティのソリューション、バイオ医薬品企業のライセンス戦略など、多様なテーマに目を向けています。

 

"「戦略、イノベーション、変革に関する強力な専門性と結びついた、当ファームの深い業界知識によって、私たちはクライアントが持つ最も複雑なビジネス課題を解決しながら、彼らのビジネスに対して持続可能な成果をもたらします。当社のクライアントは、こうした課題に直面したときに、この価値に気付き、私たちを探し出してくれます。私たちは今後もマーケットのプレゼンスを拡大し、専門性というキャリアのゴールを豊かにするプロジェクトを担っていきます。アーサー・ディ・リトルの次の100年は、最初の1世紀と同様に刺激的なものになるでしょう!」"

Ignacio Garcia Alves, Global Chairman & CEO, Arthur D. Little