「終わりなき革新」の支援

1886年、マサチューセッツ工科大学のアーサー・D・リトル博士により、世界最初の経営コンサルティングファームとして設立された『アーサー・D・リトル(ADL)』。弊社ADLジャパンは、その日本法人として、1978年の設立来、四半世紀一貫して“企業における経営と技術のありかた”を考え続けてきました。

経済が右肩上がりの計画性を失い、他に倣う経営判断がもはや安全策ですらない今、市場はあらためて各企業に“自社ならではの経営のありかた”を問うているように思えます。自社“らしさ”に基づく、全体の変革を見据えた視点。戦略・プロセス・組織風土、或は、事業・技術・知財を跨ぐ本質的革新の追求。

ADLは、“イノベーションの実現”を軸に蓄積した知見を基に、高度化・複雑化が進む経営課題に正面から対峙していきます。

  • 製造業シニアエグゼクティブによるイノベーションの薫陶と相互学習 「イノベーション フォーラム ジャパン ~グローバル市場で生き残るために、いかにして日本発のイノベーションをマネジメントするか?」を開催
    (2014/6/12~2015/3/26、全6回 [関連ぺ―ジ])